徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ドキドキワクワク ぱみゅぱみゅレボリューションランド2012 in キラキラ武道館」

森高千里さんやWinkのような無機質な感じのボーカルって、日本以外ではあまりいないなあと。
てなことを考えていたんですが、そういえばアニメ声の歌手ってのも日本以外じゃあんまりいないんじゃないのかな。
少なくともオダはすぐには思い浮かびません。



ドキドキワクワク ぱみゅぱみゅレボリューションランド2012 in キラキラ武道館(通常盤) [DVD]


2012年11月の日本武道館初公演の模様を映像化したものです。

1. ぱみゅぱみゅレボリューション
2. おねだり44℃
3. みんなのうた
4. 100%のじぶんに
5. スキすぎてキレそう
6. チェリーボンボン
7. ピンポンがなんない
8. ちょうどいいの
9. CANDY CANDY
10. きゃりーのマーチ
11. キミに100パーセント
12. ぎりぎりセーフ
13. おやすみ
14. RGB
15. ファッションモンスター
16. PONPONPON
17. でもでもまだまだ
18. きゃりーANAN
19. ちゃんちゃかちゃんちゃん
20. つけまつける


きゃりーぱみゅぱみゅはツレに教えてもらいました。
iPhoneで「つけまつける」を見せてもらったのが最初かな。
YouTubeのきゃりーぱみゅぱみゅTVでアップされていたものなんだけど。
衣装のセンスがまあ凄い(笑。
森高千里のミニスカートもインパクトがあったけど、こちらはまた別の意味でインパクトが。

彼女独特の声って、表現力としては乏しいけど、音程がきちんとしていればテクノのサウンドにはまるんだよね。


CDを買って聴くにはちょっととは思ったものの、映像で見る分には面白いんじゃないかなってことで。

突き抜けたステージ衣装とセットでなかなか楽しい。
今後、飽きがこないままどこまでいけるのかってとこですかね。




プロモーションにYouTubeを使うのってすっかり定着しましたねえ。

スポンサーサイト
  1. 2013/06/01(土) 23:55:46|
  2. 音楽(ライブ映像・PV)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

「LIVE ROCK ALIVE 」 森高千里

森高千里さんがYouTubeで200曲セルフ・カバーをしていて、その関連で久々のライブをやりました。
会場が遠いのと、仕事が立て込んでいる関係でさすがに見に行けませんでしたが。

でもそのライブの模様がCDで出るというので、予約して買ったのですが。
う~ん、正直なところヘビロテで聴くには辛いなあ。
声の伸びが今ひとつで。
年齢もあるかもしれないけど、やはり歌い続けていないと声は衰えるんだなあ。

というわけで、昔のライブビデオを引っ張り出してきました。
オダはこれをレーザーディスクで持っています(笑。


LIVE ROCK ALIVE ― Chisato Moritaka DVD Collection no.7


1992年9月に中野サンプラザで行なわれたライブ。
この会場には行っていませんが、オダは地方でこのツアー見にいってます。

1. コンサートの夜
2. リズムとベース
3. ファイト!!
4. 夏の海
5. 私がオバさんになっても(クシコス・ポスト)
6. 酔わせてよ今夜だけ
7. ザ・ブルー・ブルース
8. わかりました
9. 見つけたサイフ
10. ロック・アライヴ
11. 臭いものにはフタをしろ!
12. 雨(アルバム・ヴァージョン)
13. 17才
14. やっちまいな
15. ゲット・スマイル
16. 雨のち晴れ
17. ギター
18. この街(ホーム・ミックス)
19. 青春

この頃のライブはやっぱり面白い。
魅せるためのライブに徹しているんですね。

まずはコロコロと変わる衣装。
この頃は、CDの付録にミニスカの写真集が付いているのが森高さんのデフォ。
その衣装をライブでしっかり見せてくれるんですよ。

踊りも楽しくてねえ。
難しいダンスをするわけじゃないんだけど、ミニスカートをフリフリさせて踊るのがいいですよ。
定番の曲では、会場のみんなでその踊りの振りをするのがこれまたお約束で。

ファンと一緒に楽しめるこれだけ楽しめるライブをやっていたのは、他には小泉今日子さんくらいか。

森高さんのライブはやはり映像付きがいいです。






森高千里 YouTube公開収録 & Live at Yokohama BLITZ>
  1. 2013/05/31(金) 23:37:23|
  2. 音楽(ライブ映像・PV)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

レッドツェッペリン 「ディーブイディー [DVD]」

Zepの再結成ライブの「祭典の日」をiPhoneに入れて聴くことが多い最近。
お正月で時間も取れることからやはり全盛期のライブを観たくなってねえ。
というわけで引っ張り出してきたのがこれ。


レッドツェッペリン ディーブイディー [DVD]



やはり現役の時代のライブはすごい!!

ジョンジーとボンゾのリズム隊はほんといい仕事するよね。
ステージでは全然目立ってないんだけど、しっかりZepのグルーブを支えている。

あとペイジのステージでのギターの弾く時の魅せ方とか上手いよね。
あんな低い位置では弾きにくいと思うんだけど、かっこよさ優先ってところですね。
演奏自体は自己陶酔って感じでときどきよれているんだけど、カッコがいいから全て許す。
ロックってそういうもんでしょ。

あとテルミンを奏でるときの不可思議なポーズ。
いつ見ても笑えます。
狂熱のライブの映画を見たときは、何を変な踊りをしているんだって不思議に感じたんだよなあ。
  1. 2013/01/04(金) 23:50:49|
  2. 音楽(ライブ映像・PV)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

「25th Anniv Rock & Roll Hall Fame」

2009年10月29~30日の二日にわたって行われたロックの殿堂25周年記念コンサートを収録したもの。
主にロックの殿堂入りのミュージシャンが中心のコンサートになっているわけだから、当然のことながらお年をめされたがほとんど(笑。

だけど腐ってもロックの殿堂・
ロックの歴史で明白な影響と意義をもった人が対象に選ばれているわけだから、コンサートの面子も豪華なことこのうえない。


今年の春頃にWOWOWで放送されていたものをたまたま見かけたのが最初かな。

まず驚いたのが出演メンバーの豪華なこと。
ちょうど見始めたところが、スティービー・ワンダーとスティングが一緒に演奏してるシーンだったんだ。
次に出てきたのがU2。
そのU2が、ゲストとして出てきたパティ・スミス、ブルース・スプリングスティーン、ミック・ジャガーと次々と競演してるんだから。
サイモン&ガールファンクにジェフ・べックなどなど。
最後にブルース・スプリングティーンがE.リバー・バンドとともに再度でてきたりして。

何かのイベントの模様なんだろうなと予想は付いたんだが、豪華なメンツに圧倒されまくりでしたよ。
番組のラストでようやくロックの殿堂の25周年記念コンサートわかり、豪華なわけがようやくわかったわけだけどね。

あと驚いたのが。
この手のイベントだと演奏が結構ボロボロのことが多いんだが。
例えば、3大ギタリストが揃い踏みしたアームズ・コンサートとか、メンツは凄いけど演奏ってことに限れば結構聴くに堪えないものもあったしね。
このコンサートではリハーサルはみんなかなりしっかりやっていたみたい。
(まあ後から編集したって可能性はあるんだが)

うん、これはかなり楽しめるライブだ。
輸入版のブルーレイなら安いしなあ。
うん、買ってしまおうかな。


25th Anniv Rock & Roll Hall Fame Concert [Blu-ray] [Import]
  1. 2010/11/27(土) 23:48:47|
  2. 音楽(ライブ映像・PV)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワールド・スーパー・ライブ 伝説のギタリスト「世界三大ギタリスト」

NHKのHi-Vision放送で伝説のギタリストの特集をやっています。
Charと野村義男のふたりがゲストで、映像の合間にギター片手に熱くかたっています。
それがなかな面白くて。

その第一夜でとりあげられたのが世界三大ギタリスト。
エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジの三人です。
オダの世代にとってはこの三人はギターの神様みたいな存在だったんだよねえ。

でも今の10~20代の世代にも通じる呼び名なんだろうかって思ってしまうんだが(笑

ジェフ・ベックもオダとしては面白かったんだが、やはり一番はジミーさん。
ゼップと解散直前のヤードバースの時代を取り上げてくれたのが嬉しかったです。

ゼップの映像では、1969年のデンマークでのTVの演奏はオダにとっては初見。
デビュー間もない頃だけあってみんなさすがに若いなあ。

スリムなボンゾとかとっても違和感あるぞっと(爆。
ドラムのセットも無茶苦茶シンプル。
それでいてハチャメチャにパワフルなのはさすが。
ゼップのライブで醸し出す独特のグルーブ感はジョンジーとボンゾあってのもの。
これがほんと鳥肌ものだなあ。

それにしてもこの頃からジミーさんのギターってキレがいい。
もうかっこいいの一言につきます。
ひょっとするとジミーさんって、デビューの頃が一番ギターが上手かったんじゃないかって気になったぞ(笑。






  1. 2010/09/14(火) 22:59:39|
  2. 音楽(ライブ映像・PV)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「ライヴ MCMXCIII 」ヴェルヴェット・アンダーグラウンド

ヴェルヴェット・アンダーグランドを初めて聴いたのは中学生の頃だったかな。
いろいろと60年代後半のサウンドを追いかけていて、その流れで手を出した気がする。
気がするというのも、あんまり当時は思い入れをもって聴けなかったから(笑。
だってがきんちょの頃ってどちらかというとパワフルなサウンドのほうが好みに合うことが多いじゃない。

ドアーズとかもアングラっぽいだけどさあ、「ハートに火をつけて」とか結構ポップなサウンドもあるじゃない。
それがヴェルヴェットときたらサウンドのまあ暗いことといったら。

まだまだがきんちょのオダにはヘヴィロテで聴こうとするにはちょっと辛かったんだよね。

それでも20代も後半になってくると、ルー・リードっていいじゃないって思えるようになってね。
そんな訳でヴェルヴェットも聴きなおしてみようか気になったりしてたんだ。
そんな頃にまたヴェルヴェットの再結成があったりして、そのライブ映像がなかなか渋くて良かったんですよ。


ライヴ MCMXCIII [DVD]


1993年に再結成したヴェルヴェット・アンダーグランドのライブ映像。


1. 毛皮のヴィーナス
2. ホワイト・ライト・ホワイト・ヒート
3. ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト
4. サム・カインダ・ラヴ
5. ファム・ファタル(宿命の女)
6. ヘイ・ミスター・レイン
7. アイム・スティッキング・ウィズ・ユー
8. アイ・ハード・ハー・コール・マイ・ネーム
9. ユア・ミラー
10. ロックン・ロール
11. スウィート・ジェーン
12. ウェイティング・フォー・ザ・マン(僕は待ち人)
13. ヘロイン
14. ペイル・ブルー・アイズ
15. コヨーテ


久しぶりに観たんだが。

重い!
そして暗い!

暗い部屋でビール飲みながら観てると、気分がどんどん沈んでくる。
ジャンルは違うけど、70年代の中島みゆきさんのアルバムを聴いてる時と同じような気分になれるね。
この雰囲気はヴェルヴェットならでは。

当時売れなったのも納得。
いや後の時代になっても売れるようなサウンドじゃないな。
ルー・リードとジョン・ケールというたぐい稀な才能が在籍してなければそのまま埋もれていたバンドじゃないかなと。
  1. 2010/09/06(月) 03:18:08|
  2. 音楽(ライブ映像・PV)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「シルバー・アンド・ゴールド~ライブ~ 」ニール・ヤング

シルバー・アンド・ゴールド~ライブ~ [DVD]


1999年のニール・ヤングのツアーの模様を収めたライブ映像。

1. ルッキング・フォワード
2. アウト・オブ・コントロール
3. バッファロー・スプリングフィールド・アゲイン
4. フィラデルフィア
5. 父の面影
6. ディスタント・カメラ
7. レッド・サン
8. 太陽への旅路
9. ハーヴェスト・ムーン
10. ザ・グレイト・ディヴァイド
11. スローボーク
12. 再会
13. シルヴァー&ゴールド


ニールが弾き語りで行なったツアー。
アコギを何本も並べてその真ん中でニールが演奏。

ロックの大御所ともいえるニールですが、時にフォーク、カントリー、ロカビリー、テクノと節操なく作風を変えてアルバム造りをすることでも有名(笑。
ここでは久しぶりのアコースティックのニールを見れます。

同名のスタジオアルバムもありますが、ライブはニール1人だけなのでスタジオ盤に比べサウンドがよりシンプルになってます。
スタジオ盤のほうではサポートメンバーがしっかり脇を固めているだけに、ライブのほうが音が単調になるのは仕方ないか。
でもその分、ニールのボーカルをじっくり味わえるという点ではDVDのほうに軍配があがります。
独特のハイトーンで、どこかしら不安定なボーカルはやはり味わい深いです。

ニールの歌声ってどちらかと言うと苦手だったんだけどなあ。
これも歳をとったってことなのか。







  1. 2010/08/25(水) 23:33:37|
  2. 音楽(ライブ映像・PV)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

映像 ザ・モーニング娘。ベスト10

最近はすっかり落ち目のモーニング娘。
おかげで中古が安いのなんのって(笑。
そこで買ってきたのがこのDVD。


映像 ザ・モーニング娘。ベスト10 [DVD]


2000年にでたモーニング娘。の映像版ベスト。

1. 愛の種
2. モーニングコーヒー
3. サマーナイトタウン
4. 抱いてホールド・オン・ミー!
5. memory青春の光
6. 真夏の光線
7. ふるさと
8. LOVEマシーン
9. 恋のダンスサイト
10. ハッピーサマーウェディング

なんといってもお目当ては「LOVEマシーン」。

モーニング娘。のことって全然詳しくなくって、きちんと知ってる曲なんて2、3曲しかないんだけどさ。
さすがに最大のヒット曲「LOVEマシーン」はちゃんと知っています(爆。

この曲ってこのDVDの中でも断トツに出来がいい。
ほんと今、聴いてもすばらしいなあ。
ヒットしていた当時は、カラオケに行くとみんなこの曲を歌っていたものだ。

まずノリがいい。
途中で掛け声をかけれるところがあって、みんなが参加できる。
実にカラオケ向けの曲なんだな。

そして映像でいいのが、曲の振り付け。
へんてこで激しくて。
観ててあきないんだなあ、これが。

「LOVEマシーン」って、モーニング娘。だけでなく、つんくが作曲したなかでは最高の曲だと思うな。


  1. 2010/01/19(火) 21:46:22|
  2. 音楽(ライブ映像・PV)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

オダ

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。