徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ロイヤル・ストレート・フラッシュ」 沢田研二

70年代の歌謡曲全盛の時代、一番ロックしてたのはこの人かな。
歌謡番組の中で異質の存在感を持っていた。

音楽的にもGS出身者の中で、バンドでの活動にこだわりを持っていたのがこの人。
ソロでやらせたかった事務所の反対を押し切ってPYGなんてバンドでの活動を選んでしまったし。
残念ながら、PYGはツイン・ボーカルのショーケンが、音楽活動から遠ざかっていったこともあって活動休止状態。
ショーケンがいない間、バンドは井上孝之バンドとして活動。
井上孝之バンドはジュリーのバック・バンドとしてかなりの時期を固定。
というのも、PYGでの活動再開をジュリーが一番あきらめていなかったからじゃないのかな、なんてオダは思っているのですが。


ロイヤル・ストレート・フラッシュ



オリジナルは1979年発表。
ポリドール時代のヒットを飛ばしまくっていた時期の代表曲を集めたベスト・アルバム。

1. カサブランカ・ダンディ
2. ダーリング
3. サムライ
4. 憎みきれないろくでなし
5. 勝手にしやがれ
6. ヤマトより愛をこめて
7. 時の過ぎゆくままに
8. 危険なふたり
9. 追憶
10. 許されない愛
11. あなたに今夜はワインをふりかけ
12. LOVE(抱きしめたい)


こうしてみるとほんとヒット曲ばかり。
聴いていて思い出すのは、歌謡番組でのジュリーの歌う姿。
化粧して歌う姿はグラマラス・ロック・ミュージシャンも顔負け。

ほんと華のある人。
この色気はロッド・スチュアートとも十分、張り合えるなって思えたりして。
曲もロックしてるんだよなあ。

70年代の日本で、大衆に受けいられるロックをしていたのは、やはりジュリーと山口百恵さんが双頭だね。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/07(木) 23:18:02|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

「ヘルプ!4人はアイドル」 ザ・ビートルズ

「マジカル・ミステリー・ツアー」を観てからどうにも不完全燃焼というか、気分的にすっきりしない(笑。
ってな訳で、こちらも引っ張り出してきました。

尼で検索してみたら、5.1ch皿うどん、もといサラウンドで再発になっていたんですね。
それにしても通常版でこの値段って、ぼったくっているなあと。

もちろん自分が持っているのは、以前のふつうのステレオ音声です。

ザ・ビートルズ ヘルプ!(スタンダード・エディション)



まあ能天気に楽しむならいいんじゃないって。
前作の「ヤア!ヤア!ヤア!」程じゃないけど、オダとしては結構映画としても楽しめる作品です。

ストーリーが荒唐無稽なのは、この時代のミュージシャンが出演する映画としては標準装備(爆。
ここに目くじら立てても仕方ない。

マルクス兄弟の映画でも見るような気になって、優しい気持ちで観てあげましょう。

ビートルズの曲で収録されているのは以下の曲。

ヘルプ!-Help!
恋のアドバイス-You're Going to Lose That Girl
悲しみはぶっとばせ-You've Got to Hide Your Love Away
涙の乗車券-Ticket to Ride
アイ・ニード・ユー-I Need You
ザ・ナイト・ビフォア-The Night Before
アナザー・ガール-Another Girl

「ヘルプ!」とか「涙の乗車券」などのシーンの映像みてると、MTVの先駆けみたいなものを感じるなあ。
この辺のセンスの良さは腐ってもビートルズ。
いや全然腐ってはないんだけどね、この映画は。


ということで最後にまとめを。
ナンセンス・コメディ映画としては、まずまずの秀作ってのがオダの評価かな。
  1. 2008/08/06(水) 18:32:22|
  2. 映画|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

「K25 KOIZUMI KYOKO ALL TIME BEST CLIPS」 小泉今日子

2007年にデビュー25周年を迎えた小泉今日子“K25プロジェクト”第3弾のビデオ・クリップ集。
25周年記念といっても発売はその翌年の2008年になってからなんだけど(笑。


K25 KOIZUMI KYOKO ALL TIME BEST CLIPS


1. 迷宮のアンドローラ
2. なんてったってアイドル
3. Smile Again4. Fade Out
5. La La La...
6. 丘を越えて
7. あなたに会えてよかった
8. 優しい雨
9. オトコのコ オンナのコ
10. Nobody can, but you
11. Inner flower
12. for my life
13. アルバム『厚木I.C.』全曲CLIPS(/厚木/モクレンの花/きのみ/Summer Calling/Japanese Beauty/ピアノ/あの頃と同じ空/シャボン/サヨナラCOLOR/また逢いましょ

収録されている作品が時代的にかなりバラバラ。

80年代初期の日本ってまだ歌謡番組も多くて、シングルのプロモーションにPV創るって時代でもなかったからなあ。
そのためいわゆる代表曲といえる作品のPVが少なくなってしまうのは仕方ないのだが。
これが90年代に活躍したアイドルになると、たいていのシングルはPVがあるんだけどねえ。

そんな訳で、小泉今日子さんの入門編ってことには間違ってもならないな(笑。


ただ、これまでレーザーディスクやDVDになっていなかった作品が収録されているのは、マニア的にはうれしいかも。
でもマニアの立場から言わせてもらうと、今はなくなってしまったCDVという規格でのみ発売されていた「キスを止めないで」「Heartofthehills」の映像が収録されていないのは、かなり問題に思うのだが。
DVD化するせっかくの機会だったのになあ。
  1. 2008/08/05(火) 22:43:17|
  2. 音楽(ライブ映像・PV)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

Apple iPod shuffle 1GB

4代目のApple iPod shuffleがやってまいりました。


Apple iPod shuffle 1GB グリーン MB229J/A


今回は色はグリーンを選んでみました。
2代目のApple iPod shuffleは行方不明に。
3代目は洗濯してしまって昇天(笑。

携帯電話とか含めてこういう小さい電気製品ってどうしてこう洗濯機と英阿呆がいいのでしょうか(爆。


Apple iPod shuffle 512MB M9724J/A



それにしても初代で使っていた上のタイプのApple iPod shuffleは、2回の洗濯に耐えたんだよね。
最近の若い者は根性がないぞっと(爆。
  1. 2008/08/04(月) 21:18:30|
  2. オーディオ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ天空大決戦であります!

映画館で観にきたかった映画なんですが、近くの映画館であんまりやっていなくて。
それでDVDの発売をまっていたのですが、これがなかなか期待にたがわぬ出来でした。


超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ天空大決戦であります! 通常版



相変わらずの面白さ。
シリーズものとしてのツボをしっかりつかんでいます。

やはりこういうアニメってすかっとしたいじゃない。

押井守監督のような小難しい映画も好きなんだけどね、やっぱり観ていて疲れちゃうわけ。
観る時に気合いがいる映画なんだよね。

それに対してもともとケロロ軍曹ってギャグなわけ。
それでいて悪いことをしたら、因果応報できちんとひどい目にあうわけ。
そういう点で子どもに見せるにも安心して見せてあげれるだな。

映画ということで戦闘シーンとかスケールアップしているし、見ていてお得感満載。
これだけ見事にエンターテイメントされていると、TVアニメの第5シリーズが決まるとか、映画化第4作が決まるとか納得ですね。
  1. 2008/08/03(日) 21:12:15|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イン・ハー・シューズ

前回の更新からすっかり日が空いてしまい、どうもすいませんでした。

リアルの生活でいろいろトラブルがあったのと、やはりMac Miniの故障が大きかった。
やはり自分専用のパソコンでネットに繋げられる環境にないと駄目ですね。

それでも今月はそれなりに更新頑張っていこうと思います。


イン・ハー・シューズ (ベストヒット・セレクション)



パソコンが使えない分、DVDで映画なんかちょこちょこ観ていました。
そんな中で印象に残った映画の一つがこれ。

キャメロン・ディアズが出てるってことで買ったのですが、これがなかなか楽しめた。
ディアズは、外見は美人なんだけど、中身はおバカって女性を演じている。

この映画ですごく好きなのは、引退した大学の教授(かな?)の本をつっかえながらも読んであげるシーン。
そしてたどたどしい読み方ながらも、その教授の質問に彼女なりに答えてA+をもらうんだよね。
この体験から彼女は学ぶことの楽しさを知って、単なるおバカの女性から成長していくわけ。
人間っていつでも学ぶことができるし、学ぶことの楽しさってあるとオダは常々思っているわけ。
学ぶことの素晴らしさを描いてくれるシーンをこんなにさりげなく描いてくれてると、それだけでこの映画を見る価値がるってなっちゃうんだな。

うん、いい映画でした。
  1. 2008/08/02(土) 20:48:57|
  2. 映画|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

オダ

07 | 2008/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。