徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ボーン・イン・ザ・U.S.A」ブルース・スプリングスティーン

1984年発表のスプリングスティーンの大ヒットアルバム。

ボーン・イン・ザ・U.S.A.(紙ジャケット仕様)


曲目
1. ボーン・イン・ザ・U. S. A.
2. カヴァー・ミー
3. ダーリントン・カウンティ
4. ワーキング・オン・ザ・ハイウェイ
5. ダウンバウンド・トレイン
6. アイム・オン・ファイア
7. ノー・サレンダー
8. ボビー・ジーン
9. アイム・ゴーイン・ダウン
10. グローリィ・デイズ
11. ダンシン・イン・ザ・ダーク
12. マイ・ホームタウン

オープニングのドラムのシンプルだが力強いリズムに乗ったブルースの歌声がかっこいい。
一度聴いだけで凄く印象に残る曲。
このフレーズを聴くと体の奥から熱くなって、高揚感があるんだな。
歌詞はベトナム帰還兵の悲哀を謳い上げたかなり暗い曲だ。
アメリカの底辺に蠢く人について曲をかかせたら、ブルースは間違いなく天才だね。
レーガン大統領が何を勘違いしたのか大統領選挙のキャンペーンソングにしようとしたエピソードは有名。
愛国心を謳い上げたものというより、社会の歪みを訴えるものなんだが。
共和党の政策とは相容れないはずの歌なのに、アメリカの右派にとってウケがいい曲になったというのは何とも皮肉だ。

80年代はダンス・ミュージックが世間を席巻。
ロックの暗黒時代という人もいるくらい。
それでいてスプリングスティーンのシンプルで力強いロックのこのアルバムが、80年代に一番売れたアルバムとなったというのはある意味凄まじいなあと思う。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/04(木) 18:05:11|
  2. 音楽(アメリカ・カナダ)|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:0
<<「Songs In Red And Gray」スザンヌ・ヴェガ | ホーム | 『オマドーン』マイク・オールドフィールド>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/147-e3a100b1

ザ・ダーク

ザ・ダーク
  1. 2007/01/05(金) 00:51:22 |
  2. DVD Check

Bruce Springsteen - Born In the U.S.A.

 アメリカの象徴と呼ばれる人は色々なジャンルに様々な人がいるワケだが、たしかにどれもこれもがアメリカの象徴=アメリカ人~ってのがもの凄く強いのが多い。音楽の世界でアメリカの象徴って誰だろう?これもまたたくさんある
  1. 2007/03/25(日) 09:43:33 |
  2. ロック好きの行き着く先は…

ブルーススプリングスティーン『Born in the U.S.A.』

僕は基本的にUK派ですが、極たまに思いっきりUSものが聴きたくなります。Bruce Springsteen 『Born in the U.S.A.(ボーン・イン・ザ・U.S.A.)』。1984年発表。極端ですか(笑)?まあでも、これぐらい聴かないと。彼のアルバムはコレしかまともに聴いたこと....
  1. 2007/05/06(日) 17:08:11 |
  2. ROCK野郎のロックなブログ

ブルース・スプリングスティーン 14

NO.00658 ブルース・スプリングスティーンのオリジナル・アルバム『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』(1984年) 1985年:OZZY中学2年生。 OZZY ...
  1. 2011/03/07(月) 18:07:34 |
  2. まい・ふぇいばりっと・あるばむ

オダ

01 | 2017/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。