徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「UFO」グルグル

1970年発表のグルグルのファースト・アルバム。

UFO UFO
グル・グル (2000/03/03)
キングレコード
この商品の詳細を見る


1. ストーン・イン
2. ガール・コール
3. ダライ・ラマとの再会
4. UFO
5. LSDマーチ

ジャーマン・ロックでもこんなサイケデリックな音があったんですね。

なんかやたらと重たい音。
ドラムもベースもとってもヘヴィ-だ。

スネアをあんまり使わず、かわりにタムがドコドコ駆けずり回るドラム。
ベースは低音をずるずる這いずっている。

特にレコードの時のA面にあたる1~3曲目あたりは、緊張感がありまくり。
そして、重いです。

この重たいリズムセクションにギターが張り合って暴れ回る様がこれまた凄まじい。
グランジなんか目じゃないぜって勢いがある。

(ドイツというとテクノ系の音が主流かと思っていたら、こんなロックって感じのギタリストがいたんですね。
マイケル・シェンカーってギタリストはドイツの突然変異かと思っていたのですが、結構ドイツ・ロックにもこんなギタリストがでてくる素地があったんだ)


4曲目のアルバム表題曲「UFO」。
チープな電子音と効果音がかなり使われているのだが、これも重いサウンドだ。
どこか初期のピンク・フロイドを思わせるサイケデリックさがある。
最後のボートを漕ぐ時の水の音が効果音として使われてるのがとっても意味不明。
ガーっと頭を押さえつけられるような迫力あるA面からのギャップが面白い。

そしてラストの「LSDマーチ」。
ドラッグをタイトルにもってくるなんて、時代を感じるなあ(笑。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/06(火) 19:16:01|
  2. 音楽(ヨーロッパ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「ツァラトゥストラ組曲」ムゼオ・ローゼンバッハ | ホーム | 「ティルト」アルティ・エ・メスティエリ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/166-f1b69685

オダ

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。