徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ダーウィン」バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ

1973年発表のバンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソのセカンド・アルバム。

ダーウィン(紙ジャケット仕様)


1. 革命
2. 征服

3. 卑劣漢の踊り
4. 100の手と100の瞳
5. 75万年前の愛
6. 悲惨な物語
7. 疑問

レコード時代のA面を占める1と2。
これがすごいんだな。
まず1曲目の「革命」
叙情的な出だし。
カンツォーネ風の哀愁溢れるボーカルにチェンバロ、ピアノが美しい。
クラシカルでロマンチックな曲だと油断させておいて、4分経過した辺りからいきなり音の暴風雨が荒れ狂い出す。
ツイン・キーボードが激しくぶつかり合い、ボーカルがそこに挑んでいく。
ギターも頑張るのだが、キーボードに圧されているよなあ。
途中、颱風の目に入って一息ついたと思ったらまた暴風雨。
10分過ぎからいきなりピアノとキーボードでバロック調の静かな旋律に。
そこから再びカンツォーネ風のボーカルに戻り曲は終わる。
緻密な構成と、ジャズの即興性がアンバランスなまま融和したようなすごい曲だ。

2曲目の「征服」
混沌、荒々しい攻撃性で突撃するような演奏バトルの前半の展開から、後半のメランコリックなボーカル中心のサウンドに。
この後半が実に泣けるんだなあ。

レコードのB面にあたる部分は、3~5分程度の短い曲が5曲。
A面が長い曲にさまざまなバンコの特徴を詰め込んだ曲になっているのに対し、こちらはそれぞれの特性毎に曲が創られている感じ。
両面を別物として聴き較べてみても面白いですよね。

破天荒さに空中分解する一歩手前のような危ういサウンド。
バンコのそんなアヴァンギャルドな魅力が最大に活かされた傑作です。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/11(日) 22:29:38|
  2. 音楽(ヨーロッパ)|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0
<<「チェレステ」チェレステ | ホーム | 『終わりのない夢』エルドン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/170-f60f9faf

ピアノ♪バイオリン♪フルート♪ギター等様々な楽器紹介♪

ピアノ☆バイオリン☆フルート☆ギター等楽しく紹介しちゃいます♪
  1. 2007/02/12(月) 07:26:57 |
  2. ピアノ♪バイオリン♪フルート♪ギター等様々な楽器紹介♪

ど真ん中。超直球のド級盤。

<HPの話>今日、日付が変わる頃、新作をアップします。ちょっと精神的にまいってたり、心身症と診断されていたり、安定剤や抗不安薬とか常用している人、何かと影響の受けやすい人は、自己責任での閲覧でよろしこ何があっても、アタシは責任は負いません。言葉の罠、ってい
  1. 2007/02/17(土) 10:23:16 |
  2. Trapo de la eternidad

オダ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。