徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「チェレステ」チェレステ

1976年発表のチェレステのアルバム。

チェレステ (紙ジャケット仕様)



1. Principe Di Un Giorno
2. La Danza Del Fato
3. Eftus
4. Favole Antiche
5. L’imbroglio
6. La Grande Isola
7. Giochi Nella Notte


たった1枚のアルバムを残して消え去ってしまったバンド。
かなりシンプルな音。
アコースティックの楽器が美しく繊細なメロディ。
そのハーモニーがとっても耽美。
リズムは添え物のようにひっそりとしてるんだよね。

クリムゾンの「宮殿」の叙情的な雰囲気が好きな人には、そのエッセンスをそれなりに消化して表現出来ているから聴いていて楽しいと思う。
自分もそういう意味ではかなりお気に入りの音盤だ。

だが、いわゆる秀作で、けっして傑作とは言えない。

クリムゾンの宮殿に影響を受けたと思われるメロトロンの使い方に注目されなければ、解散後かなり経ってからプログレ・ファンにこれほど聴かれる事もなかったのではないだろうか。

だから、これからイタリアを聴こうとする人には最初にはお薦め出来ない。
イタリアをいろいろ聴き漁りそろそろちょっとマニアックなものにも手を出そうかって人に、密かにお勧めてみようかと思うアルバムです。


そういう意味では典型的なイタリアのB級バンドなんだろうね。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/12(月) 17:26:35|
  2. 音楽(ヨーロッパ)|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:4
<<「展覧会の絵&火の鳥」山下和仁 | ホーム | 「ダーウィン」バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ>>

コメント

こんばんは

どうも!メッチャお久しぶりです。ご無沙汰すみません。
この音盤夏向きかな?って書いてみたんですよ・・・
確かにコレを最初にイタリアものとして聴いちゃうと軟弱かもしれないですよね・・・でも美しくってお気に入りの音盤です。
  1. 2007/07/23(月) 23:23:06 |
  2. URL |
  3. evergreen #-
  4. [ 編集]

どうも

どうもevergreenさん。
ご無沙汰しています。

最近、忙しくてこちらのブログをさぼり気味になっていました。
コメントのレス遅れてすいません。

>軟弱かも
ええ、イタリアにしては軟弱なんですよ。
でもそこがまたいいんですけどね。
  1. 2007/07/27(金) 20:12:17 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

はじめまして!!
B級なんですかね~?
確かに、馬鹿売れするタイプではないけど、
私は、イタリアもの初期勉強中に聴いて、一発で
気にに入ってしまったアルバムだったりします。

マニア受けするタイプなのかもしれないですけどね!(笑)
  1. 2007/11/13(火) 07:31:32 |
  2. URL |
  3. tommyちゃん #FhYyxA6I
  4. [ 編集]

>tommyちゃん
初めまして。
管理人のオダです。
TB、コメントともどもありがとうございます。

>B級なんですかね~?

セールス的にあんまり売れてなくて、ひっそりと消えていったしまったバンドですしね。
メロトロンを多用している事で、解散後に一部のマニアに根強い人気を得ている所からして、自分としてはB級認定させていただきました。
個人的には好みの音ではあるんですがね。
  1. 2007/11/13(火) 18:55:55 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/171-cb7fd520

みなさん、基本は大切ですよ。

かくいうアタシは、わりと基礎を無視しがちだけど(笑いやいや、基本は大事なんですよ、うん。自信ないけど、多分ね(笑ウチのデジカメ売場のかわい子ちゃん、料理がどうもうまくならないらしい。っていうかね、ダシってどうやって作るの?と聞かれたし(笑おいおい、味噌汁
  1. 2007/02/17(土) 10:23:48 |
  2. Trapo de la eternidad

避暑地の奥庭へ CELESTE ”CELESTE”

CELESTE ”CELESTE”1976年真っ白なジャケが、既に物語ります。純粋無垢であるその音は弦の音、そしてフルートの音、時折拍子を打つ優しげなパーカッションの音・・・そして語りかけるようなヴォーカル。伝説とも言える無名のバンドであったと言う・・・
  1. 2007/07/23(月) 23:20:13 |
  2. Iron Rosary

CELESTE/Celeste \'76

私の友達に、チェレステ・マニアの方がいらして、昔、アナログをMDに落として いただいた事ありますが、今回は、CDをきちっと聴いてみました!(笑) 彼らの音を、一言で表現するならば「シャボン玉」かな? ふぅ~
  1. 2007/11/13(火) 07:27:33 |
  2. With Latimer!

CELESTE / Second Plus \'93

ライヴ前に、あるモノを購入すべく、Garden Shedへ!! そこで、このアルバムと遭遇したのです!! スゲェもの、見っけ!見っけ!!キャホ~~~~~~! あの、1発屋と思われていた、チェレステの音源です!!
  1. 2008/03/04(火) 00:05:01 |
  2. With Latimer!

オダ

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。