徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

機動警察パトレイバー The Movie

機動警察パトレイバー 劇場版



オリジナル・ビデオ・シリーズが大ヒットして、映画まで創られてしまったのがこの作品。

パトレイバーって色んな意味で画期的だった。

オリジナル・セル・アニメが売れるための形態を作り上げたこともその1つ。
まず値段を抑えて販売数を増やすことで利益を確保する手法もその1つ。
そして、週刊サンデーでコミック版の連載も始まり、いろんなメディアが一緒になって作品のヒットを作り上げていく、メディア・コンプレックスの先駆け的なこととかね。

まあそんなことはこの映画にはあんまりかかわりのないことなので、作品について述べて行ってみよう。


この映画は、敵役がとにかく際立っている。
映画の冒頭で自殺してしまうだが、その彼の残した悪意が実に無気味に残り牙を向いてくるんだよね。
最初はちょっとしたロボットの暴走。
そして最終的に控えている巨大な災厄が次第に明らかになっていく様が実に怖い。
この映画の主題はまさにこの希代の敵役、帆場の「悪意」。

それに立ち向かうは、すごく日常にあくせくする普通の人間。
それが「正義の味方」ってシチュエーションを描かせたら、押井守監督の独壇場だね。

つかみ所のない巨大な「悪意」と、日常の戦い。
普通なら結びつきそうもないものが絶妙に絡み合う演出は未だ色褪せません。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/02(金) 23:56:00|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「反射率0.39」ヴァンゲリス | ホーム | ピンク・フロイド ロンドン 1966-1967">>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/185-27855e3e

オダ

12 | 2017/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。