徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「Symphonic Suite AKIRA」芸能山城組

1988年の映画「アキラ」の音楽を芸能山城組が担当。
その時の音をモチーフに作り上げられたのがこの「Symphonic Suite AKIRA」だ。

Symphonic Suite AKIRA



1. KANEDA
2. バトル・アゲインスト・クラウン
3. ウィンズ・オーヴァー・ザ・ネオ-トウキョウ
4. TETSUO
5. ドールズ・ポリフォニー
6. SHOHMYOH
7. ミューテイション
8. イクスダス・フロム・ザ・アンダーグラウンド・フォートレス
9. イリュージョン
10. レクイエム


芸能山城組ってかなり特異な存在だ。
総勢200名を超えるメンバーがいるのだが基本的にアマチュアの人達ばかりだ。
それが山城祥二氏をプロデューサーに、音楽の分野に限らず多彩な芸能活動を繰り広げている。

もともと合唱団が母体になっていたとはいえ、合唱のレベルは半端じゃない。
ベルカント発声法の合唱にあきたらず、ブルガリアン・コーラスを日本でいち早くものにしたり。
その実力が遺憾なく発揮されている。

十八番のブルガリアン・ボイスはもちろんの事、1曲目での秋田のねぶた祭でのかけ声、2曲目の息づかいを合唱としてしまう使い方、6曲目の古代仏教の唱名、9曲目の能、これらを合唱にしてしまうなどなど。
ヨーロッパに限らず、日本。アフリカなどの伝統的な発声法・合唱を見事に昇華している。
この音盤で魅せてくれる合唱の奥深さ。
その合唱のもつ可能性ってこんなにもあるんだって驚きです。

そしてこの音盤の合唱と並ぶもうひとつの柱はパーカッション。
ケチャにも1970年から取り組んでいた事もあって、複雑なリズムもなんのその。
変拍子にポリリズム。
これがアマチュアが叩いている!?
この細かいリズムの渦に翻弄されまくり。

合唱とパーカッションを屋台骨にしたサウンド。
アマチュアのメンバーを率いてここまでものを創り上げてしまう山城祥二さんの凄さに圧倒される一枚です。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/11(日) 11:09:20|
  2. 音楽(ゲーム、アニメなど)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ルパン3世カリオストロの城BGM集 | ホーム | TWIN BEST タイムボカン 名曲の夕べ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/191-3a6be558

オダ

01 | 2017/03 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。