徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「絲綢之路」喜多郎

テレビ番組用の音楽にも、名曲は昔から数多く創られてきております。
富田勲さんの新日本紀行のテーマなど素晴らしい曲です。
しかし、テレビ番組のサウンドトラックを一つの音盤として聴けるものはというと、喜多郎のNHK特集「シルクロード」の一連のサウンドトラックが画期的でした。
これはテレビ番組自体を知らなくても、一つの立派な音盤として聴けるアルバムです。

NHK特集「シルクロード」オリジナル・サウンドトラック シルクロード



1. 絲綢之道
2. 鐘楼
3. 天地創造神
4. 遥かなる大河
5. 長城
6. 飛天
7. シルクロード幻想
8. 光と影
9. 西に向かって
10. 時の流れ
11. 菩薩
12. 永遠(とわ)の路

解りやすくゆったりとしたメロディと音色。
これがすごく印象的。
空間的な広がりをすごく感じるし、リラックスしてふわふわと漂うような気分になれる。
どの曲も素晴らしい出来だが、番組の最初に流れるテーマソング「絲綢之道」は特にそんな喜多郎ワールドのエッセンスが凝集された名曲だ。

シンセサイザー・ミュージックというとイエロー・マジック・オーケストラのようなピコピコ音のイメージが強かった時代。
こんなサウンドもありなのかというインパクトが強かったですね。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/18(日) 23:08:43|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<クレヨンしんちゃん スーパー・ベスト 30曲入りだゾ | ホーム | 「最終戦争伝説」ノヴェラ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/195-469e952a

オンライン

シルクロードのことをいろいろと調べていきます。
  1. 2007/03/19(月) 23:05:56 |
  2. シルクロード

オダ

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。