徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「中森明菜イースト・ライヴ インデックス23」中森明菜

中森明菜って確実に日本の音楽界でひとつの時代を築いた人だ。
かつて歌謡曲全盛のころのアイドルのアルバムというと、ヒット曲にくずのような曲を加えて高値で抱き合わせ販売するようなものがほとんどだった。

もちろん彼女達以前でも、山口百恵さんの活動後期に発表したアルバムなどそれなりのレベルのものもあるにはあった。
しかし、アルバムを作品として価値があるものとして商売になると、日本の歌謡界に認知させるにはいたってはいなかったんですよね。
しかるに、中森明菜は松田聖子と並んでデビュー当初から、シングル作品に劣らぬそれなりのレベルのアルバムを作品としてリリースしてきている。

アルバム曲の制作がやっつけ仕事でなくなったのはこの二人の存在が大きいです。

さてそんなアルバム制作ができたのも、やはりシングルが売れたからというのはあると思うんですよ。
シングルが売れたその分、金銭的に余裕があるからアルバム制作にまわせる予算が増える。
お金が全てじゃないけれど、いい音楽をアイドルが創るには予算も重要だってこと。

アルバムの出来の良さばかりの話になりましたが、本日取り上げるのは中森明菜がデビューから1989年までのシングル全23曲を歌った1989年のコンサート映像です。

中森明菜イースト・ライヴ インデックス23〈5.1 version〉


1. TATTOO
2. DESIRE-情熱-
3. Fin
4. SOLITUDE
5. BLONDE
6. I MISSED{THE・SHOCK}
7. SAND BEIGE-砂漠へ-
8. AL-MAUJ(アルマージ)
9. ジプシー・クイーン
10. TANGO NOIR
11. ミ・アモーレ(Meu amor e…)
12. 難破船
13. 飾りじゃないのよ涙は
14. 禁区
15. 少女A
16. 十戒(1984)
17. 1/2の神話
18. サザン・ウインド
19. 北ウイング
20. Blue On Pink
21. LIAR
22. トワイライト-夕暮れ便り-
23. セカンド・ラブ
24. スローモーション

堂々のヒット曲のオンパレードです。
小泉今日子と違って、デビュー曲から通して作品として聴ける曲が揃っている。
アレンジを加えなければとてもじゃないけど聴けないよって曲がないんだな。

こうして改めてどんなシングルを出してきたのか聴いてみると、「TATOO」「DESIRE」「飾りじゃないのよ涙は」などなど、中森明菜にとって音楽的な新境地を切り開いたエポック・メイキングな作品がかなりあるんだな。
現状に満足せずに新たな作品にチャレンジする事で更にファンを獲得していく。
新たな試みをするって、これまでのファンが離れていきかねないからなかなか踏み出せない事も多いのだが、これだけ見事に成功し続けるのはやはり並みじゃないね。

そしてどんな新たな試みも核となる「中森明菜」がいる。
カメレオンみたいにその時々に合わせて変化し、その音楽に染まっていったデヴィッド・ボウイ的小泉今日子と対極にある。

昨日取り上げた小泉今日子の「Sing!Sing!!Singles!!!」と見比べてみると、絶対面白いと思うんだよね。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/03(木) 19:15:55|
  2. 音楽(ライブ映像・PV)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<「見て/ザ・ストレス/17才 」森高千里 | ホーム | 「シング!シング!シングルズ!!!」小泉今日子>>

コメント

AKINA(笑

AKINAの話題ですか(笑)思わず飛びつきます…こっちは我が家の納屋から「中森明菜BEST」発掘!昔を懐かしんでいます。
四半世紀前のデビュー当初からアイドルチックな曲がないのがイイですよね。スローモーション・少女A・セカンドラブ・トワイライト~夕暮れ便り…どれも今聞いて恥ずかしくなりません。それにカッコイイというか「決まってる」し。
ちなみに個人的に好きな歌は「トワイライト」「北ウイング」「サザン・ウインド」「SAND BEIGE」「飾りじゃないのよ涙は」「1/2の神話」「少女A」ですかねぇ。
自分の手持ちにはありませんが「DESIRE」「AL MAUJ」「難破船」もなかなかだと思います。

しかし自殺未遂事件以降人気がなくなったのか、SEIKOと比べるとAKINAのブランド評価が高くなく感じるのは気のせいですか!?
あと調べていて意外なことが分かりましたが、彼女は多くのアーティストから好かれているようです。アルバムの作詞作曲欄を見ればまちまちであるあたり…。

いろいろ語りたいこともありますが本日はここまで。
  1. 2007/05/09(水) 07:09:41 |
  2. URL |
  3. ヒラタツ #AK5A50jw
  4. [ 編集]

ツッパリ(死語)

ヒラタツさん、どうもです。

ブリっ子アイドルの松田聖子さんの対極として、明菜ちゃんの存在感は際立っていたと思います。
他のアイドルがみんな聖子ちゃんカットにしていたなか、ツッパリの明菜ちゃんはアイドルらしくなかった(笑。
ほんとかっこいいです。

>自殺未遂事件以降
確かにこれ以降ろくな事がないですね。
この騒動で、DVDに収録されているコンサートの内容で行なわれるはずだった野外コンサートが中止に。
せっかくチケットとっていたのに。
おかげで中森明菜の生コンサートはとうとう観れずに今にいたっています。
  1. 2007/05/10(木) 18:23:41 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/223-a3cb551f

中森明菜

中森明菜中森 明菜(なかもり あきな、本名: 同じ、1965年7月13日 - )は、東京都清瀬市出身の女性歌手、女優。血液型A型。身長160cm。明治大学付属中野中学校・高等学校|明治大学付属中野高等学校夜間部中退。略歴* 1981年、テレビ番組「スター誕生!」に
  1. 2007/05/16(水) 06:21:11 |
  2. るなの部屋

オダ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。