徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

デヴィッド・ボウイ・イン・モントリオール

1981年のシリアス・ムーンライト・ツアーでモントリオール公演を民放のFMで放送。
それをカセットテープで撮っておいたもの。

1.レッツ・ダンス
2.気のふれた男爵
3.アッシェズ・トゥ・アッシェズ
4.スペース・オディッティ
5.チャイナ・ガール
6.キャット・ピープル
7.フェイム
8.ロックン・ロール・スター
9.アイ・キャント・エクスプレイン
10.モダン・ラブ


このツアーの日本公演を見に行きました。
横浜スタジアムでの公演。
デヴィッド・ボウイってエンターテイナーです。

大ヒットナンバーのレッツダンスから入るだけで会場が盛上がる。
レッツダンスの3人のサックスによるサックスソロのバトルとか、スタジオ版では味わえないライブならではの楽しみもある。

過去のヒット曲の選曲もファンのツボをついたもの。
「アッシェズ・トゥ・アッシェズ」から「スペース・オディッティ」へと続く流れ。
カルロス・アルマーのギターは安心していられる。
アール・スリックのギターは賛否別れたが、自分としては今改めて聴いてみて、映像がなければそんなに鬱陶しくないんじゃないって思う。

ビデオ化されたものに入っていないモダン・ラブが聴けるという点で今でも残っていてちょっと嬉しいテープかな。
レコードに較べてアップテンポで演奏されているのだが、このモダンラブは特にテンポが早くてかっこいい。
ギターの刻むリズムがすごいかっこいい。
やはりボウイのライブでは、アロマーのギターがいいなあ。


シリアス・ムーンライト 期間限定 廉価版
スポンサーサイト
  1. 2007/08/10(金) 02:43:38|
  2. 音楽(イギリス・アイルランド)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<『ライブ・イン・BBC』レッド・ツェッペリン | ホーム | 「ライブ」ザ・ファーム>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/258-10b259d1

デヴィッド・ボウイ

1947年1月8日 - )は、ビートルズ、クイーン (バンド)|クイーン、ローリング・ストーンズらと並んで20世紀を代表するイギリスのロック (音楽)|ロック歌手のひとりである。雑誌NMEのアンケートでは「20世紀で最も影響力のあるアーティス
  1. 2007/09/14(金) 08:08:13 |
  2. ひびきの部屋

オダ

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。