徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「我思う故に~イオ・コーメ・イオ」ロヴェッショ・デッラ・メダーリャ

1970年代のイタリアのロック・バンドのアルバムには、変形ジャケものが結構あって面白いです。

P.F.M.の型抜きジャケットであったりとか、バンコの貯金箱型ジャケであったりとか。

今回取り上げるアルバムもジャケも変わっている。
ジャケの表面に金属製のメダルをはめ込んでいたりするんだな。
金属をつかうのは、材料に紙を使うのと違って高コストになってしまうのだが、そこをあえてやってしまう所が如何にもイタリアのバンドらしいというか。

我思う故に~イオ・コーメ・イオ(紙ジャケット仕様)


という訳で、1972年に発表されたロヴェッショ・デッラ・メダーリャのセカンド・アルバムです。
「我思う故に」ってフランスの哲学者ルネ・デカルトの有名な言葉。

1. 自我
2. 現象:a)投影~b)心像
3. 非我
4. 我思う故に:a)生成~b)条理

ボーカル、ギター、ベース、ドラムといったバンド編成。

ギターが中心のヘビーで、ややアヴァンギャルドっぽいサウンド。
1曲目からギター、ベースとも硬質な音で、ゴリゴリと押しまくってくる。
ボーカルもハイトーンの伸びが比較的きれいで、そこがやはりハード・ロックっぽい。

2曲目の「現象」
アコギをちょこちょこ絡ませてきて、静と動の変化をつけている。
コーラスの使い方とかややクイーンぽい。

3曲目の「非我」。
イントロからアコギとフルートをフューチャーしたおとなしめのサウンドで始まっていく。
後半になってハードなサウンドでフィニッシュ。

4曲目『我思う故に』
再びハードなサウンドでゴリゴリと迫ってくる。

予定調和的なアルバム構成ですね。

ただね、演奏自体は粗っぽいし、ミキシングもちょっと野暮ったい。
まだまだ発展途上って感じもするんだな。

音盤的な評価としてはこの次の「汚染された世界」の方が高いし、イタリアらしいサウンドを純粋に楽しむのなら「汚染された世界」の方がお薦めなのも確かです。

だけどこの紙ジャケ版、オリジナル・デザインで復刻ってところが粋でしょ。
ちゃんとメダルがついているんですよ。
2年前にこんなのが出ていたとは実は最近まで気がついてなかったですけどね(笑。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/09(日) 18:39:42|
  2. 音楽(ヨーロッパ)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4
<<「レッド・ツェッペリンIII」 | ホーム | 「トミー・ライブ」ザ・フー>>

コメント

イタリアのバンドですかー。ドイツの人たちはチョロッと聴いたりしますが、イタリアはさっぱり知りません。
英語ではないバンド名やタイトルにそそられます。歌もイタリア語なのでしょうか?
世界を目指すならやっぱり英語なのかもしれませんが、僕は現地の言葉で歌って欲しいです。言葉の響きが違うだけで曲のムードも変わって楽しめる気がします。
  1. 2007/09/09(日) 21:45:31 |
  2. URL |
  3. べえし #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうです、べえしさん。

>イタリアのバンド
イタリアのバンドは凄いのがおおいですよ。
ハマるととっても大変です(笑
世界進出を狙ったバンドとかは、イタリア語盤と英語盤を出してきたりしていますがこのバンドはイタリア語で歌っています。
(クリムゾンのピート・シンフィールドがプロデュースして成功したPFMとかは、シンフィールド作詞の英語の歌詞で世界向けをリリースしてましたね)

>言葉の響き
イタリア語の響きってやはり英語とまた趣が違って、自分なんかは好きですね。
  1. 2007/09/11(火) 20:16:42 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

私は2年前に買ってあったんですが、
放置状態でした。(汗|||)
3RDも記事を書かれていますよね。
やっぱり3RD聞いちゃうと、そっちばっかしになりますが
ジャケは初期2枚とも結構渋くって好きです。

TBありがとうございます。
  1. 2008/04/11(金) 21:46:48 |
  2. URL |
  3. evergreen #-
  4. [ 編集]

evergreenさん。コメント&TBありがとうございます。

3rdの完成度はちょっと半端じゃないですから。
どうしてもセカンドよりも聴いてしまう回数が多くなってしまいます。
でもジャケの良さでは、セカンドも充分負けてないですから(笑。
  1. 2008/04/17(木) 00:21:43 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/281-4e01bd3f

とんでもなくヘビーサイケなイタリアンロックIL ROVESCIO DELLA MEDAGILA\"La Bibbia\"

IL ROVESCIO DELLA MEDAGILA"La Bibbia"1971年[:聞き耳を立てる:]試聴 さてさて・・・久しぶりのイタリアンロックです。苦手意識は克服せねば!と・・・頑張ってますよ~ん!いやいやなかなか先は遠い、・・・だってこの有名なバンド、数年前に紙ジャケになって、思い?...
  1. 2008/04/11(金) 21:47:17 |
  2. Iron Rosary

オダ

12 | 2017/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。