徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「レッド・ツェッペリンIII」

変型ジャケというと自分の大好きなZepも変型ジャケのアルバムアある。
2枚組の「フィジカル・グラフィティ」とこのサード・アルバムである。
派手でカラフルなジャケットはとても面白い。
何回も聴いたためレコードがすり切れて、全部で4枚レコードを買う事に。
ZepのCDで初めて紙ジャケシリーズが出たときも、全アルバムを買ってしまったのだがこの変形ジャケが再現されていなかったのはかなり不満でした。

レッド・ツェッペリンIII



1970年発表のZepのサード・アルバム。

1. 移民の歌
2. フレンズ
3. 祭典の日
4. 貴方を愛しつづけて
5. アウト・オン・ザ・タイルズ
6. ギャロウズ・ポウル
7. タンジェリン
8. ザッツ・ザ・ウェイ
9. スノウドニアの小屋
10. ハッツ・オフ・トゥ・ロイ・ハーパー

1曲目の「移民の歌」
絶頂期のロバート・プラントのシャウトの何と美しい事か。
ボンゾのドラムも驚き。
片足だけで何であんなに速くバスドラを叩けるんだって思う。
ハイテンポなリズムにのったギターとベースのリフのかっこいい事といったら。
Zepのなかでは短い曲だし、ソロもない曲なんだけど十二分に聴きごたえがある。
Zepの本領はリフにあるんだねえ。

2曲目の「フレンズ」
これもまた不思議な曲だなあと。
すごく単調な感じなんだけど、Zep独特のグルーブ感があって、妙に盛上がっていくだよね。

4曲目の「貴方を愛しつづけて」はZep流ブルースの最高傑作ではなかろうか。
ということでいろんな所でもう語られ尽くされているから、ここではこれ以上は略(笑。

6曲目からはレコードではB面にあたる部分。
ここからが英国トラッド・フォークの世界。
ここからがすごく好きです。
トラッド・フォークの世界なんだけど、プラントの歌い方はロックです(笑。
「ギャロウズ・ポウル」とか「ザッツ・ザ・ウェイ」とかはホントにロックです。
ペイジの刻むリズムもロックです。
これがすごくかっこよかったんですね。

ラストの締めくくりは「ハッツ・オフ・トゥ・ロイ・ハーパー」
英国トラッドの代表的なミュージシャンであるロイ・ハーパーへ捧げる曲で締めるなんてこのアルバムらしいじゃない。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/10(月) 02:34:46|
  2. レッド・ツェッペリン|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:4
<<「宗像教授異考録」星野 之宣 | ホーム | 「我思う故に~イオ・コーメ・イオ」ロヴェッショ・デッラ・メダーリャ>>

コメント

紙ジャケ、再現されていないとは驚きました。
全く意味が無い・・・ことになりますね・・・
  1. 2007/09/11(火) 21:55:30 |
  2. URL |
  3. evergreen #-
  4. [ 編集]

コストの問題?

やはり全て再現するにはコスト的に問題だったのでしょうか?
そうの点で自分が手に入れたこの紙ジャケシリーズにはすごい不満なんですよ。
  1. 2007/09/13(木) 22:13:52 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

へ?

最初の紙ジャケって再現されてたような…。違ったっけ?自分のクルクル回るけど、最初のじゃなかったのかな?アナログあると気にしないんだよねぇ、そういうの(笑)。
  1. 2007/09/13(木) 22:47:31 |
  2. URL |
  3. フレ #-
  4. [ 編集]

フィジカル・グラフィティもダメ

えーと、自分の持っている奴、回りません。
ツレと出会った頃だから、1997年頃に出たものなのですが。
フィジカル・グラフィティもジャケ再現されてなかったんです。
  1. 2007/09/14(金) 03:32:35 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/282-f95c7824

キュービックなZEPの始まりか?・・・ LED ZEPPELIN ”?”

Led Zeppelin III1970年やっと梅雨らしくなりました。雨降りは、あまり好きではありません。景色が、雨で消されてしまいそう・・・早く、雨が上がらないかな~~なんて、窓辺で時間が過ぎてゆきます。・・・・・今日は、何とこんな名盤、私取り出して聞いています。ああ
  1. 2007/09/11(火) 21:56:52 |
  2. Iron Rosary

確信犯的音盤

昨日は会社の飲み会でした。疲れました。帰ってきて、BOOZを聴いてしまいました。アタマがクラクラしました。目の前がぐるぐる回りました。お酒のせいだけでは、こんなになることはありません。ってか、シラフでしたので。papini、またもや怪物音盤を聴いてしまいました。し
  1. 2007/09/11(火) 23:36:34 |
  2. Trapo de la eternidad

Led Zeppelin - Led Zeppelin III

 1970年レッド・ツェッペリンの面々はイギリスのウェールズ地方の小屋に籠もり新たなバンドの曲を準備することとなり、この辺が英国らしいところなのだが、伝承音楽に根付いたルーツを元々持ち合わせているがために出
  1. 2007/09/13(木) 22:46:39 |
  2. ロック好きの行き着く先は…

オダ

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。