徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「地球の子供達」三波春夫

お客様は神様です。
この言葉で有名な三波春夫さん。
浪曲であったりとか、音頭であったりとかのイメージが強いのだが、この人の凄いのは色んなジャンルに挑戦する姿勢です。

1992年、アニメ「スーパーヅカン」でのエンディング・テーマ「ジャン・ナイト・じゃん」でラップをやったりしたのはほんとびっくりした。
そういえばこの年には、ハウス・サウンドにも挑戦して「ハウスおまんた囃子」なんかもリリースしていたんだなあ。

地球の子供達


1. 世直しロックンロール
2. 恐竜音頭
3. 恐竜は生きている
4. もいちど,サワディー
5. シャンプー音頭
6. 三十にして立つ
7. 孫たちよ
8. 恐竜王物語(シネマ・サウンド・ミックス)
9. 母なる星・地球のつぶやき

1993年発表の三波春夫さんのアルバムです。
三波さんの個性全開です。
ロックのリズムを無視するかのような我が道を行く歌い方。
それでいてちゃんとノリのあるサウンドになっているのだから笑ってしまう。
凄いとしか言いようがない(笑。

コミカルな曲が多くて聴いていてホント楽しいんだなあ。

90年代の三波春夫さんは面白かった。
あの時代のベストを出して欲しいなあ。
三波春夫さんのベストというと、どうしても昔の「チャンチキ桶さ」とか「東京音頭」「世界の国からこんにちは」が中心になってしまうから。
三波春夫全集でも「ハウスおまんた囃子」「ジャン・ナイト・じゃん」とか入っていないいから困ってしまう。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/03(水) 23:47:41|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「アバカブ」ジェネシス | ホーム | 「10cc」10cc>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/296-fa43c413

オダ

01 | 2017/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。