徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「パークライフ」ブラー

ブリットポップの代表格のひとつブラー。

ブラーを始めとして、オアシス、スウェードなどブリットポップのバンドって割と聴いていました。
だけど聴いてた当時、そんなブームがあるって事を、実は知らなかったんですね(笑。

あんまり音楽雑誌とか見なくなったし、輸入版買う事が増えると日本盤のようにライナーノーツが割る訳でもないし。

また1990年代は自分もネットもあんまり活用していなかった事もあり、音楽で何が流行しているのかってリアルタイムで聴いていたにも関わらずそんなブームがあったって実感がわかない。

90年代にブームになったものはグランジにしろブリットポップにしろ21世紀に入ってから知るようになったんだな。

Parklife


1. Girls & Boys
2. Tracy Jacks
3. End of a Century
4. Parklife
5. Bank Holiday
6. Badhead
7. Debt Collector
8. Far Out
9. To the End
10. London Loves
11. Trouble in the Message Centre
12. Clover over Dover
13. Magic America
14. Jubilee
15. This Is a Low
16. Lot 105

1994年発表のブラーの3枚目のアルバム。

全16曲が収録。
良質な捻くれポップな曲が、これでもかってくらい収められている(笑。
ちょっと屈折したポップスってところが英国的だよね。

実はブラーで最初に買ったアルバムがこの「パークライフ」
10cc以来、久しぶりに英国的な捻くれポップス・グループが出てきたじゃない、ってなのが最初の感想でした。

インストの曲があるなんてところも10ccみたいでしょ。

このアルバムの大ヒットのあと、ポップなロックをやるバンドが次から次へと出現してきて、これが実はブリットポップ・ブームだったんだな。

でもやっぱりブームを体験したって実感って、こうしてエントリを打ってしてもやっぱり湧いてこないなあ(爆。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/27(土) 23:49:15|
  2. 音楽(イギリス・アイルランド)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「ビー・ヒア・ナウ」オアシス | ホーム | 「K」クーラ・シェイカー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/313-29f756fe

オダ

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。