徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「イールド」パール・ジャム

1990年代でリアルタイムで聴けたにも関わらず、比較的、取っ付くのが遅かったのがパール・ジャム。
チケットマスターとの闘争とか後に知るのだが、そんな大企業相手に喧嘩をふっかけるとは。
バンドとしての在り方とかが、パンクっぽいよなあって思った気がする。


Yield


1. ブレイン・オブ・J
2. フェイスフル
3. ノー・ウェイ
4. ギヴン・トゥ・フライ
5. ウィッシュ・リスト
6. ピラト
7. ドゥ・ジ・イヴォリューション
8. (無題)
9. MFC
10. ロー・ライト
11. イン・ハイディング
12. プッシュ・ミー,プル・ミー
13. オール・ゾーズ・イエスタデイ

1998年発表のパール・ジャムの5枚目のアルバム。
グランジの呪縛から逃れたかのように、のびのびとロックを演奏するパール・ジャム。

全体にかなり吹っ切れた感じがある。
ヘヴィーなギター・サウンドはかっこいい。
うん、これぞロックって奴だね。

前作の「ノー・コード」とか、ニール・ヤングと共演した「ミラー・ボール」がいいリハビリになったのかな。

突然のグランジ・ブームで潰れてしまったのがニルヴァーナのカート・コバーン。
同様な状況に落ち入りながらも、自分たちでバンドをコントロール出来なくなりかけていた。それが前作の辺りから自分たちを取り戻せたような事をインタビューで言っていたなあ。

ロックというビジネスを続けていくには図太さだけでなく、運って必要なんだろうな。

スポンサーサイト
  1. 2007/11/05(月) 18:30:35|
  2. 音楽(アメリカ・カナダ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「ミラー・ボール」ニール・ヤング | ホーム | 「13」ブラー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/316-1d03a82b

オダ

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。