徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ZOOROPA」U2

U2は80年代から聴き続けた大好きなバンド。
シリアスでヘヴィーなロック・バンドってイメージがいいですよ。
それをぶち壊そうかというように出てきたのが、1990年代の3作品。
打ち込みを多用したダンスビートに派手な電子処理。

これがU2かって驚いたものだ。
それでも「アクトン・ベイビー」とか「ポップ」は充分U2だなって思えるサウンドではある、

しかし未だによく解らないのがこの「ZOOROPA」なんだな。

ZOOROPA


1. ZOOROPA
2. ベイビーフェイス
3. ナム
4. レモン
5. ステイ(ファラウェイ,ソー・クロース!)
6. ダディーズ・ゴナ・ペイ・フォー・ユア・クラッシュド・カー
7. サム・デイズ・ア・ベター・ザン・アザーズ
8. ザ・ファースト・タイム
9. ダーティ・デイ
10. ザ・ワンダラー

1993年発表。
ダンス・ビートにコンピューター・サウンド。
シンセサイザーがやたらとフューチャーされ、音がとっても無機質。

何度聴いても盛り上がりようがないんだなあ。

U2のアルバムだからと思って聴いているからいけないのだろうか。
ヒーリングミュージックと思って聴けばいいのかというとどうも違うし。
何度挑戦しても今ひとつよく解らないアルバムだ。


スポンサーサイト
  1. 2007/11/10(土) 23:53:53|
  2. 音楽(イギリス・アイルランド)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「スラック」キング・クリムゾン | ホーム | 「1.アウトサイド」デヴィッド・ボウイ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/319-0f6cd737

オダ

01 | 2017/03 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。