徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ピュア・アンド・シンプル」ジョーン・ジェット&ブラックハーツ

1990年代の自分の印象としては、女性のロッカーやミュージシャンがずいぶん出てきたなって感じかな。
シェリル・クロウ、アラニス・モリセット、スザンヌ・ヴェガなどなど。
そんな中、大御所のジョーン・ジェットも90年代半ばまでは割とコンスタントにアルバムを出して健在だなって思っていたのですが、セールス的にはかなり苦戦していたんですね。

1995年のザ・ギッツとのアルバム以降、何をしているんだろうと思っていたら2000年ロッキー・ホラー・ショーのミュージカルに出演していたのは驚いたなあ。

ピュア・アンド・シンプル(1994年作品)


1. ゴー・ホーム
2. アイ・トゥ・アイ
3. スピンスター
4. トーチャー
5. ラバー・アンド・グルー
6. アズ・アイ・アム
7. ホスティリティ
8. アクティヴィティ・ギャル
9. インシキューア
10. ワンダリン
11. コンシュームド
12. ワールド・オブ・ディナイアル
13. ユー・ゴット・ア・プロブレム
14. ブライター・デイ

1994年発表のジョーン・ジェット&ブラックハーツのアルバム。

シンプルでストレートなロックン・ロール・ナンバーが多い。
パワフルで力強いギターが炸裂。
リズム・ギターのカッティングがシャープでかっこいい。
ジョーンのギターはやっぱり好きだなあ。

ボーカルも相変わらず力強くて好きだ。
ハードなロックン・ロール・ナンバーを歌わせても男性ボーカルにもひけをとらない。
声の衰えがこないってのは凄いね。
そして長い事やっているだけあって、歌の表現力が初期に較べると格段アップ。
ほんと味わい深いボーカルになっている。

1990年台にリリースされたアルバムの中でもかなり好きなんだよね。
ジョーンは、いつまでも我が道を行くって感じがいいんだ。

スポンサーサイト
  1. 2007/11/12(月) 23:06:13|
  2. 音楽(アメリカ・カナダ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「対」ピンク・フロイド | ホーム | 「スラック」キング・クリムゾン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/321-89709015

オダ

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。