徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「リザード」キング・クリムゾン

年の初めは気分も一新。
まずは名作を聴こうという事で昨日のZepに続いて、今日はクリムゾンを。

リザード(紙ジャケット仕様)


1. サーカス
2. インドア・ゲームズ
3. ハッピー・ファミリー
4. レディー・オブ・ザ・ダンシング・ウォーター
5. リザード
   ルーバート王子のめざめ /
   ピーコック物語のボレロ /
   戦場のガラスの涙 /
   ビッグ・トップ

1970年発表のクリムゾンのサード・アルバム。

このアルバムの特徴として、これだけアコギを弾いているフリップ卿はいないんじゃないかと(笑。
1~4曲をレコードではA面を構成。

1~3曲目までは、フリージャズの要素が加わってサウンド自体も混沌とした印象。
質の高い演奏をしているのだが、聴き込むほどなんか不気味さが増していく。
これが不思議と快感なんだよな。


レコードのB面をしめる大作リザード。
まずは「ルパート王子のめざめ」。
フリップ卿のメロトロンとキース・ティペットのピアノの音色の美しさとか絶品。
この曲だけイエスのジョン・アンダーソンがボーカルを担当。
これが上手くはまっている。

ドラムが終盤ボレロを刻み出し、そのままピーコック物語りのボレロへと。
ここでのメル・コリンズのサックス、マーク・チャリングのコルネット、ロビン・ミラーのオーボエが交互にソロを演奏。
そのバックではキース・ティペットのピアノが全体をフォローしてく。
次第にそれが絡み合っていき、叙情的な雰囲気を盛り上げていく様はクリムゾンの本領発揮。

「戦場のガラスの涙」で魅せる盛り上がり。
ボーカルパートのある「夜明けの歌」に続く「最後の戦い」のところ。
メロトロンが作り出す音の厚みに加えて管楽器が縦横無尽に暴れまくる。
ギターとベースのちょっとした間を入れるあたりが上手い。
そしてフリップ卿のエレキ・ギターが「最後の戦い」を哀しげに締めくくる。

そしてラストの「ビッグ・トップ」。
いっけんコミカルなんだけど、不協和音が不安感を醸し出しているんだよね。
この曲がある事で、なんとも不可解な印象。ちょっともう一回聴いてみようかって気にオダはなるんだな。

こうして改めて聴いてみると、このアルバムもレコードのA面とB面を上手く使い分けているんだよね。
レコ-ド時代には当たり前と思っていた事が、CDの時代になったことであえて意識して聴くようになったてのもなんだかと思うのだが。
まあ,なくなって初めて気づくってやつなんだろうな。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/03(木) 19:52:16|
  2. 音楽(イギリス・アイルランド)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<「おせっかい」ピンク・フロイド | ホーム | 「レッド・ツェッペリンII」レッド・ツェッペリン>>

コメント

微妙な音盤ですよね、一体誰が作ったのか?そして誰が演奏してるのか?
このあとアイランドで一区切りとなるんだけど・・・
このサードはアイランドより一足飛びに先に行っちゃった音のような気がするね。
  1. 2008/01/04(金) 00:31:20 |
  2. URL |
  3. evergreen #-
  4. [ 編集]

あけましておめでとうございます。

「名作」とおっしゃるので久々にチャレンジしてみましたが、
最後までたどり着けませんでした・・・
1曲目イントロのピロピロリーン♪というシンセ?に虫唾が走り、
最初エコーがかかっていたゴードンさんのボーカルがクリアに聴こえたところでムカッときます。
さらにアンダーソンさんのキラキラボーカルも苦手なんですよねー。
かく言う私のクリムゾン・ベストボーカリストは
アンチが多いらしいブリューさんなんですが。
  1. 2008/01/04(金) 10:54:03 |
  2. URL |
  3. べえし #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

>evergreenさん
確かに微妙な音盤です。
クリムゾンの中での異質というか。
演奏のレベル的にはかなり高いんだけど、キース・ティペットの存在が大きくサウンドの質を変えてしまっているのかな。
アイランドより一足飛びに先に行ってしまったという意見に激しく納得です。

>べえしさん
新年明けましておめでとうございます。
確かに一般にいう名作ではないかも。
かなり取っ付きにくさはありますから(笑。
ボーカルの好みの問題が大きいから、それで拒否反応が出やすいですし。
でも聴き込んでいく事が出来ればスルメのように味が次第にじわじわと。
この聴き込む事が出来ればってのが難問だけど(爆。
ブリューのボーカルは不思議とアンチがいますよね。
オダもブリューのボーカルっていいと思うのですが。
ちなみにオダのクリムゾンベストボーカルはジョン・ウェットンです。
それでは今年もよろしくお願いします。
  1. 2008/01/05(土) 23:04:58 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/342-49677cd2

オダ

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。