徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」イエロー・マジック・オーケストラ

自分でもどの音盤を取り上げたのかはっきりしなくて、音盤についての目次を創ってみました。
とっくに取り上げたかと思っていた音盤がなかったりとか、すごい偏った音盤の紹介をしているとか、改めて気がつく事がいろいろと(笑。
映像作品の目次も今度は創ってみよう。


ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー



1. テクノポリス
2. アブソリュート・エゴ・ダンス
3. ライディーン
4. キャスタリア
5. ビハインド・ザ・マスク
6. デイ・トリッパー
7. インソムニア
8. ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー

1979年発表のYMOのセカンド・アルバム。
テクノというジャンルの先駆けとなった偉大なグループです。

今回改めて聴いてみて、自分の記憶と違ってピコピコ・サウンドではなかった。
意外とロックしてるサウンドだ。

「テクノポリス」「デイ・トリッパー」とか細野さんがベースをチョッパーでベキョベキョとヘヴィーに弾きまくっていて実にかっこいい。

またこのアルバムの頃は、使用していた機材の問題でサンプリングとか機械による自動演奏もあんまり使っていない。
テクノポリスの機械による自動演奏にしか聴こえないシーケンスパターンも、坂本教授が根性で自ら弾ききっているし(笑。
実はローテクなんだけど、テクノロジーを駆使した音に見せかけてしまう演奏技術はイエローマジックだ。

日本初の新たなロックのジャンルってことを抜きにしても名盤です。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/11(金) 13:49:01|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<はっぴいえんど | ホーム | 「ゴー・ライヴ」ツトムヤマシタ>>

コメント

えー! テクノポリスのシーケンスパターンって、サビ?部分のバックに聞こえるあの激速フレーズのことですか?
そういえば、別のアルバムのMusic Planって曲の打ち込みだと思ってたベースラインを細野さんが3本指でベース弾いてて、あれもかなりビックリしたなー。

このアルバム、後半の歌ものパートはあんまり聴いてないんですよね・・・。
  1. 2008/01/12(土) 12:11:10 |
  2. URL |
  3. べえし #-
  4. [ 編集]

根性のブリッジ(笑

べえしさん、コメントありがとです。

>激速フレーズ
その通りです。
自動演奏ではなく、坂本教授が自ら弾いているのですよ。
残されたレコーディング・メモに、坂本教授による「根性のブリッジ」と記されていたという逸話が残っています。

YMOも中期以降はかなり自動演奏で楽をしていますが、当初は本当に演奏していたというから驚きです。
  1. 2008/01/13(日) 21:14:40 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

テクノ(笑)

ヒラタツ@YMO世代のひとりです(笑)
#我輩よりむしろ兄が思い切りハマッてましたが(爆)

個人的にはライディーン・テクノポリス・ソリッド・ステイト・サヴァイヴァーのほか、ファイアークラッカー・東風・中国女あたりの初期のナンバーもカッコイイと思っています。あの当時は新鮮だったなぁ、ピコピコ感あふれる音楽って。
あと細野さんといえばナムコゲーム・サウンドトラックのイメージもあります。重いカルチャーをオモチャーという、とか…いかにも彼ららしいキャッチコピーを思い出しました。

あとYMOって時代的に手動演奏であれだけやったのがスゴイと思います。自動演奏は小室哲哉(TM Network)以降になるのかな、やっぱり。

ただ個人的にYMOで好きなナンバーを挙げろとなると、なぜか「TAISO」になります…腕を胸の前に上げてケイレンの運動~♪(爆)
「君に、胸キュン」も好きでしたが、あれだともうYMO後期になっちゃいますか???では
  1. 2008/01/22(火) 03:01:56 |
  2. URL |
  3. ヒラタツ #AK5A50jw
  4. [ 編集]

自動演奏

ヒラタツさん、どうもです。

>自動演奏
YMOの初期は手動演奏(笑)なのですが、後期にかけて技術の進歩で自動演奏も積極的に取り入れています。
というか,自動演奏をコンサートで大々的に取り入れたパイオニア的バンド。
自動演奏のイメージが強いため、初期の作品の激速シーケンスパターンが手動演奏とはにわかに信じ難くなってしまったのですが。

>「君に胸キュン」
散会するひとつ前のころですから、後期ですね。
いきなりポップな路線で売るぞってやって、しっかり売れてしまうセンスに脱帽です。
忌野清志郎と教授の「いけないルージュ・マジック」もこの頃でしたね。
男同士のキスというのは結構思春期の子どもには刺激的でした(笑。
  1. 2008/01/26(土) 12:46:12 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/349-6c0cca99

オダ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。