徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

はっぴいえんど

日本のロックで忘れてはいけないのバンドのひとつにはっぴいえんどがある。
メンバーに大滝詠一、細野晴臣、鈴木茂、松本隆と今から考えるとすごいメンツがいたバンドだ。

今では嘘みたいな話だが、日本語でロックは無理だと言われていた時代があったんだね。
そんな時代に、ロックに日本語の歌詞をのせることを明確に打ち出したという点で画期的なバンドだった。


はっぴいえんど


1. 春よ来い
2. かくれんぼ
3. しんしんしん
4. 飛べない空
5. 敵 TANATOSを想起せよ!
6. あやか市のどうぶつえん
7. 十二月の雨の日
8. いらいら
9. 朝
10. はっぴいえんど
11. 続はっぴーいいえーんど

1970年発表のはっぴえんどのファースト・アルバム。
通称「ゆでめん」。

当時はドラムを叩いていた松本隆さんが作詞を担当。
日常的な風景を描かせたら、松本隆さんに並ぶ作詞家なんてそうそういない。
日本の梅雨を思わせるような、湿り気のある独特の世界観とでも言ったらいいのか(笑。
大滝詠一さん、細野晴臣さんの作曲した曲にしっかりのっているんだな、

それにしても大滝詠一さんに、松本さんの歌詞を歌わせたらホントはまるよね。
あの少し鼻にかかったボーカルがぴったり合うんだな。
後に大滝詠一さんのソロ・アルバム「ロング・バケーション」「イーチ・タイム」で大ヒットするのもむべなるかな。

サウンド面においては、鈴木茂さんがいい仕事していて好きだな。
鈴木茂さんのギターは、このころから職人芸。
1曲目の「春よ来い」でのファズのかかった音色はかっこいい。
いきなりサイケデリック・ロックの世界だ。

完成度ではセカンドやサードには若干遅れをとるものの、ロックらしいサウンドという点ではこのファーストが好みだな。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/12(土) 23:14:57|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<「オディレイ」BECK | ホーム | 「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」イエロー・マジック・オーケストラ>>

コメント

3枚目は聴いたことないのですが、これと2枚目は持ってました。
「ました」と言うのは、今はこの1枚目はないんですよね・・・
「あんまり聴かないんでどっちか処分しよう」と思った時、一般に評判の良い2枚目を残したんですが、今思うとゆでめんのほうが好みだったような・・・
ねちっこい、むさくるしい感じがいいですよね(笑)
それにデビュー作らしい、若さがみなぎっている!
ような気がしないでもないような、そうでもないような。
  1. 2008/01/14(月) 00:50:24 |
  2. URL |
  3. べえし #-
  4. [ 編集]

べえしさん、どうもです。

>デビューらしい若さ
音に若さありますね。
確かにセカンドに較べると荒削りだけど、その分ロックしてるのはこっちのほうかなと。
どちらを残すかというと、最後は好みの問題かなと思います。
  1. 2008/01/15(火) 02:25:11 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/350-eae08153

オダ

12 | 2017/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。