徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「オペラ・プリマ」ルスティケッリ&ボルディーニ

自分の場合、何かのひょうしに聴きだすと、ついつい麻薬のように次から次へと聴きたくなるんですよ、ヨーロッパのロックって。
まあそんな訳で、今しばらくヨーロッパの音盤を取り上げることが続くんじゃないかな。
というわけで今日もイタリアからこの音盤を。



オペラ・プリマ(紙ジャケット仕様)



1. 誕生
2. イカルス
3. 愛しい妹
4. 犬
5. 朝の目覚め
6. カメランディア

1973年発表のパオロ・ルスティケッリとカルロ・ボルディーニの2人のコンビの名義による唯一のアルバム。

シンセ,メロトロン、ピアノといったキーボードによる重厚なサウンド。
いわゆるシンフォニック・ロックだな。
メロトロン好きにはほんとツボにはまる(笑。

もう1曲目からして、ルスティケッリのキーボードが全開状態。
もう縦横無尽に暴れ回っているな。

ドラムのボルティーニの刻むリズムは、タイトでキレがいい。

キーボードとドラムのデュオで、ここまで重厚な素晴らしいサウンドを作り上げれるのか。
もうここまでやられるとただただ呆れるしかない。

そしてこんな完璧な演奏に、ちょっと音程の甘い(いわゆるヘタウマ)ボーカルが加わるとあら不思議。
微妙なスパイスとなっていい味わいが生まれている。
人間味があって、聴いててホッとできるんですよ(笑。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/02(日) 23:37:12|
  2. 音楽(ヨーロッパ)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<「フロム・ウィズイン」アネクドテン | ホーム | 「地中海の伝説」マウロ・パガーニ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/380-42513a51

昨日の夕飯のあと・・・

昨日の夕飯は、「ひぐらしのなく頃に」を見ながら食べました(笑 ええ、金属バットを思いっきりフルスイングしているのを見ながら(笑 なんか放送中止になったとか、放送自粛したんだか よくわかんないけどさ。 まあ、あれだけのシーンがあればなぁ・・・ PS2の?...
  1. 2008/03/04(火) 09:40:13 |
  2. Trapo de la eternidad

オダ

12 | 2017/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。