徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「2001年宇宙の旅」

SF小説の大御所、アーサー・C・クラークがお亡くなりになりました。
ハイライン、アシモフとともに3大SF作家と言われた人の最後の生き残りだったんですが。
これで一つの時代の終わったんでしょうね。



2001年宇宙の旅



1968年公開のSF映画の大傑作。
アーサー・C・クラーク原案、スタンリー・キューブリック監督。

「スター・ウォーズ」がSFと思っているととっても難解かも(爆。
でもこれこそ、本来のSF映画の基本だと思うんですよ。

ただ、映画の画面の素晴らしさだけは、誰が見ても一目瞭然かな。
キューブリックは、カメラマン出身だけあって、画面の構図がとっても綺麗なんですよね。



映画とは全く関係ないのですが、レッド・ツェッペリンの「プレゼンス」のジャケットの黒い物体。
この映画に出てくるモノリスみたいじゃありません?
映画の2001年を見る前に「プレゼンス」のジャケットを先に観ていたものだから、
「おお、Zepのマネしてる」
なんてガキンチョの頃、勘違いしていたなあ(笑。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/22(土) 02:53:30|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<「枕草子」清少納言 | ホーム | みんなのうた「メトロポリタン・ミュージアム」大貫妙子>>

コメント

海底牧場

こんにちは。クラーク氏がなくなりましたね。最近もある本を読み返したばかりです。ただしクラーク氏が亡くなったからではありません。ある事で必要になったので2ヶ月ほど前に読み返しました。それは、「海底牧場」という書籍です。この小説では西欧の人でも、過去には21世紀には鯨の時代になる可能性もなきにしもあらずと思っていた時期もあることがわかります。私は、これを題材として、鯨を含む海洋資源と海洋開発の重要性と、将来性などについて私のブログに書きました。私は、ここからさらに話しを発展させ、「パクスマリーナ(海の平和)」という考えを持つに至りました。これをいずれ、時代を変えるような思考に高められるか、あるいはブログネタとして書き続けるか、あるいはただの妄想で終わるのか(笑)?どうなるかわかりませんが、未だに私達に影響を与え続けるクラーク氏は素晴らしい人だったし、これからも語り継がれていくことでしょう。是非私のブログをご覧になって下さい。
  1. 2008/03/22(土) 11:04:12 |
  2. URL |
  3. yutakarlson #.BcbyNME
  4. [ 編集]

僕はスターウォーズでも2001年でも爆睡しました。
ついでに、僕のブログには妄想しか書いてありません。
  1. 2008/03/22(土) 11:33:30 |
  2. URL |
  3. べえし #-
  4. [ 編集]

>yutakarlsonさん
初めまして。コメントありがとうございます。
「海底牧場」を読むと、食料問題とか地球の資源の有効活用とかしっかりした視点に驚かされます。
さすがハードSFの第一人者とうならされます。

>べえしさん
趣味の合わないものは眠くなるものですね。
いくら名作といわれるものでも途中で眠くなってしまうものが、自分にもいくつもありますから(笑
  1. 2008/03/26(水) 19:23:15 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/393-6b41af95

オダ

12 | 2017/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。