徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「シッコ」

シッコ


2007年に公開されたドキュメンタリー映画。
今回はアメリカ合衆国の医療制度を扱っている。
公開時に忙しくて観に行けなかったので、DVDになるのも待っていたんですよ。

まあマイケル・ムーアらしい偏りを感じるが、アメリカの医療制度の不備の点についての描写はまずまず。

昨年、医療費未払いの患者の置き去りが大きなニュースになった日本だが、アメリカにおいては日常茶飯事。
GNPに占める医療費の割合は世界一のアメリカ合衆国。
しかしその莫大な医療費は一部の富裕層によって富裕層の治療に使われており、5000万人以上が無保険の状態でろくな医療費を受けられない。
そういえば昨年、ブッシュ政権の閣僚の1人が辞任した理由に、癌にかかってその治療費が閣僚の給料(年収にして1000万円くらい)では支払いができないからってあったなあ。

民間の医療保険制度ってお金がかかるし、すごい不平等になるもの。
だいたい生命保険会社の不払いが昨年ニュースになったことから、営利を追求する民間の会社に任せたらどうなるか目に見えていると思うのだが。
公的医療保険制度のほうが医療保険の抑制にはいいだよね。
でも、どうも日本の政府は民間保険制度にしたいようなんだよね。

日本の医療崩壊は確実に進行中だし、困ったものだ。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/13(日) 23:11:28|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「夜明けの口笛吹き40周年記念盤」ピンク・フロイド | ホーム | 「Mother」原由子>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/404-45a86ae6

オダ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。