徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「續・脱どん底」ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

世間的には4連休ですが、仕事しています。
ということで今も職場に。
労働基準法からすると当直の基準を満たしていなくて実質的に労働をしている状態ですが、一応は建前として「当直」をしているという事になります。
朝からずっと働きずめでしたが、ようやくまとまった時間休めそうかなと。
こういう時はお気楽になれるものを聴きたいなあと。



續・脱どん底(紙ジャケット仕様)



1. 棄てましょブキ
2. アンタがいない
3. うらぶれた部屋で
4. ダウンタウン・ならず者懺悔
5. ベースキャンプ・ブルース
6. スモーキン’ブギ
7. 賣物ブギ
8. ジプシー・マリー
9. 待ちくたびれた16歳
10. 恋のかけら
11. 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

1975年発表のダウン・タウン・ブギウギ・バンドのセカンド。

「スモーキン・ブギ」のヒットに続き「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が大ヒット。
一番バンドとして勢いのあった時のアルバム。

リーゼントにつなぎ着てる所が時代を感じます。
紅白出場者の中で歴代もっとも安い衣装代(一人あたり3500円)は伊達ではありません。
これぞロッカーです(笑。

ダウンタウンの代表曲というと「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」。
すごいシンプルな曲なんだけど、ギターが凄いかっこいいんだなあ。
ギターが金切り声を上げて曲が始まり。
そこにドラムとベースが入ってきてギターがリズムを刻みだす。
この曲の入り方は何回聴いても飽きない。
これをバックに竜童さんが語りだす。
その様子が如何にもロックン・ローラーって感じかっこいい。
そんな竜童さんが、サングラスを光らせて
「あんた、あの娘のなんなのさ」
ってドスの効いた声ですごんだりしてさあ。
子ども心にも「怖い不良のニーチャン達だあ」って思ってしまう訳だ(笑。
そんな原体験があると、ダウンタウンというと硬派のロックン・ローラーってイメージになってしまうんだな。

でも後追いでアルバム聴いてみると、この頃はけっこうブギの軽快、かつコミカルな曲も多かったりするんだな。
1.6.7だけ聴けばコミックバンドだよ。

5曲目の「 ベースキャンプ・ブルース」みたいなヘビーなブルースなんかもかっこ良く決めてしまうんだから、つくづく奥の深いバンドだ。

サラッと聴き流してもいいし、じっくり聴き込んでもいいし。
そんな感じだから、オダにとって当直の合間なんかでちょい楽しむのにお手軽な音盤なんです。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/03(土) 23:43:30|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<「ダイアモンドの犬」デヴィッド・ボウイ | ホーム | 「アマロック」マイク・オールドフィールド>>

コメント

DTBWB

どうみてもニコニコ動画などでおっさんホイホイ扱いされそうですな!(爆)

我が家には2枚組のベストアルバムがあり、このアルバムの過半数のナンバーが入っているため言わんとしている事はだいたい分かります。
ガキの頃からツナギとグラサン・リーゼントに憧れましたが…多分彼等の影響です、ハイ(笑)
このバンドはベースラインが巧く響くところが何気に心憎いです。賣物ブギ、ベースキャンプブギなどが特にそう。

軽快なブギ(笑)このアルバムからは外れますが「トラック・ドライビング・ブギ」「サクセス」「ほいでもってブンブンブン」などはそのものだと感じます。
あと時代柄かトランペットのイメージがある曲も多くないですか?ジプシーマリー以外にも「サクセス」「トランペット葬送曲」とかありましたし。
あと「港のヨーコヨコハマヨコスカ」以外のトーク曲「商品には手を出すな!」これも印象深い曲でしたね。大人になってやっと意味がわかったいわくつきのナンバー(爆)

いやはや、彼等の守備範囲の広さには納得です。こっちは2枚組ベストのレビューを執筆しかけていますんでまた機会があればそちらも語りたいと思います。では
  1. 2008/05/07(水) 04:41:37 |
  2. URL |
  3. ヒラタツ@おっさんホイホイ #AK5A50jw
  4. [ 編集]

ヒラタツさん、どうもです。

>おっさんホイホイ
はい、ニコ動ではおっさんホイホイ扱いされていますね(笑。

>ツナギとグラサン・リーゼント
矢沢永吉さんのいたキャロルも同じような外見をしていたのですが、やはりTVへの露出の差で、子どもにはダウンタウンのほうが圧倒的に影響があったと思います(笑。

>トランペット
そうですね。
やはり竜童さん自身がトランペットを吹いているってのが、トランペットの曲の印象が強くなるんでしょう。
ダウンタウン解散後もトランペットの印象的な曲を作っていますしね。
  1. 2008/05/09(金) 02:25:42 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

ロックをお茶の間に(笑)

現在「ダウンタウンブギウギバンドきわめつけ傑作大全集」2枚組ベストナウシリーズを聴きながら返答しています。

今思えば、ダウンタウン・ブギウギバンドってTV歌番組出演を通じてロックンロールを日本のお茶の間に届けた功績のあるバンドじゃないかと思いますねぇ。
その後、ヘヴィメタルを日本の茶の間に持ち込んだ聖飢魔Ⅱと同様、当時それだけのインパクトがあったってことじゃないでしょうか!?

その中でもロックンロールの真髄を行っているナンバーとして「ダウンタウンならず者懺悔」は好きでした。なんかオレのガキの頃を思い出させてくれるような(笑)

>「おっさんホイホイ」
このタグがついていたのが、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」音源にゲーム「アイドルマスター」の映像と組み合わされたMADだったからフイタのは言うまでもありませんが(爆)
逆にそれが制作された地点で、この歌が当時子供だった現代のオッサンに支持されていると思いますよ(笑)

>コミックバンド
賣物ブギなんてその典型じゃないですか?とにかく聴いていてフイタのは言うまでもないです。
コミックバンドというか色物バンド好きとして、これとトラック・ドライヴィング・ブギ、カッコマン・ブギ、スモーキン’ブギは省略できません。
余談ですが彼等が最初に出演した映画が「トラック野郎」というのも笑えます(笑)ツナギというユニホームが合うガソリンスタンドの店員役だったけど(爆)

>トランペット
たしかジプシーマリーの途中になぜかセントルイスブルースが入っている気がするのは我輩だけではないでしょうか!?
宇崎竜童氏自らがトランペットを吹いているとは思ってもいませんでしたが…でもDTBWBの大半の曲が宇崎竜童作曲だから、そこから推測すれば彼の得意部門だったかもしれませんね。しかもその哀愁に満ちた演奏が印象的だったような。
  1. 2008/05/09(金) 13:10:21 |
  2. URL |
  3. ヒラタツ@おっさんホイホイ #AK5A50jw
  4. [ 編集]

ヒラタツさん、どうもです。

>TV歌番組出演
グループサウンズもTVに出ていましたが、本格的な不良のロックでこれだけTVに露出したのはダウンタウンがハシリ。
お茶の間にロックを届けるという点で功績はおおきいですね。

>「トラック野郎」
シリーズの1作目に出ていたのですね。
このシリーズは全部は観ていなかったので、ダウンタウンが出ていたのは知りませんでした。
今度もう一度この「トラック野郎」シリーズにチャレンジしてみようかな。

>ジプシーマリーの途中になぜかセントルイスブルース
ええ、確かに入っています。
こちらのオリジナル・アルバムではセントルイスブルースが曲の途中に挿入されている事がクレジットにものっています。
こういう音楽的素養を魅せるセンスなんて、竜童さんらしいくていいなあと思います。
  1. 2008/05/13(火) 19:27:10 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/413-08904dc1

オダ

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。