徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ダイアモンドの犬」デヴィッド・ボウイ

ダイアモンドの犬 30thアニヴァーサリー・エディション



1. 未来の伝説
2. ダイアモンドの犬
3. 美しきもの
4. キャンディディット
5. 美しきもの(リプライズ)
6. 愛しき反抗
7. ロックン・ロール・ウィズ・ミー
8. 死者の世界
9. 1984年
10. ビッグ・ブラザー
11. 永遠に回り続ける骸骨家族の歌


1974年発表のデヴィッド・ボウイのアルバム。

ジギーのバンド「スパイダース・フロム・マーズ」を解散したばかり。
新たなキャラクターを作って、二匹目のドジョウを狙ってやるって感じかな(笑。

このアルバムが出た頃って、ショービジネスにつきものの金銭的トラブル、精神的疲労がボウイに目立ちはじめていた時期。
そのためかオダには、ジギーに比べるとちょっと隙があるかなって感じる音盤だ。
ジギーが凄すぎるからってのがあるからなあ。
そんなアルバムと比較しては可哀想か。

ロックン・ロールを聴いて元気になりたいけど、精神的というより肉体的に疲れているからあんまり隙のないやつはちょっと遠慮しちゃう。
どちらかというと少し隙のある音の方がいいじゃんって。
音のもつ冷たい雰囲気も疲れた体に心地いいしさ。

というわけで今日はこれを聴いている訳です(笑。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/04(日) 23:55:55|
  2. 音楽(イギリス・アイルランド)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<「裸で御免なさい」 | ホーム | 「續・脱どん底」ダウン・タウン・ブギウギ・バンド>>

コメント

どうしてもジギーがあるから
可哀想なボウイですね。
あれがヒットしなければ良かったわけで
その栄光に一生を捧げてしまったそんな感じですね!

どうしてこうしてこの作品も一級ものなんだけど・・・
ジギーがねー。。。ですよね!?
  1. 2008/05/06(火) 13:01:51 |
  2. URL |
  3. evergreen #lHI8H0U6
  4. [ 編集]

evergreenさん、コメントありがとうございます。

ボウイはどの時代も聴いていて、カメレオンのように変貌していくサマが面白いと思っています。
ただその時代のずば抜けた傑作があると、そちらを基準にしちゃうところがあって。
ベルリン時代までは、かなりあがいていたのかなと思っています。
  1. 2008/05/09(金) 01:59:51 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/414-53b00ee5

オダ

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。