徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ディトアーズ」シェリル・クロウ


ディトアーズ



1. God Bless This Mess
2. Shine Over Babylon
3. Love Is Free
4. Peace Be Upon Us
5. Gasoline
6. Out Of Our Heads
7. Motivation
8. Drunk With The Thought of You
9. Diamond Ring
10. Now That You’re Gone
11. Love Is All There Is
12. Make It Go Away
13. Lullaby For Wyatt

2008年発表のシェリル・クロウのアルバム。
スタジオ・アルバムとしては6枚目にあたるのかな。

アコギでの弾き語りの曲から始まるんだけど、初っ端から音の印象が重い。
アルバム全体を通して聴いてもやっぱり重い(笑。
パティ・スミスとはまた質の違う重さなんだよなあ。

この音の重さはシェリルの歌い方のせいかな。
どこかかったるい力の抜けた感じの歌い方してる曲が多いだよね。
それでいて力強さも感じさせてしまうのがシェリル節ってとこか。

アルバム全体を通してアコギが印象的なところで結構入っている。
この阿漕の演奏がまた泥臭くて重い。

もともとアメリカン・ロックの能天気さがサウンドにあんまりない人だが、今回は特に目立つアルバムだな。

サウンドとして原点回帰なんて言われているけど、オダとしてはちょっと違う気がする。
まだまだ攻略の余地のある、深みのあるアルバムだな。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/07(土) 23:57:44|
  2. 音楽(アメリカ・カナダ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「p・u・l・s・e」ピンク・フロイド | ホーム | 「レイジング・サンド」ロバート・プラント&アリソン・クラウス>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/428-c8fd9978

オダ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。