徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ロイヤル・ストレート・フラッシュ」 沢田研二

70年代の歌謡曲全盛の時代、一番ロックしてたのはこの人かな。
歌謡番組の中で異質の存在感を持っていた。

音楽的にもGS出身者の中で、バンドでの活動にこだわりを持っていたのがこの人。
ソロでやらせたかった事務所の反対を押し切ってPYGなんてバンドでの活動を選んでしまったし。
残念ながら、PYGはツイン・ボーカルのショーケンが、音楽活動から遠ざかっていったこともあって活動休止状態。
ショーケンがいない間、バンドは井上孝之バンドとして活動。
井上孝之バンドはジュリーのバック・バンドとしてかなりの時期を固定。
というのも、PYGでの活動再開をジュリーが一番あきらめていなかったからじゃないのかな、なんてオダは思っているのですが。


ロイヤル・ストレート・フラッシュ



オリジナルは1979年発表。
ポリドール時代のヒットを飛ばしまくっていた時期の代表曲を集めたベスト・アルバム。

1. カサブランカ・ダンディ
2. ダーリング
3. サムライ
4. 憎みきれないろくでなし
5. 勝手にしやがれ
6. ヤマトより愛をこめて
7. 時の過ぎゆくままに
8. 危険なふたり
9. 追憶
10. 許されない愛
11. あなたに今夜はワインをふりかけ
12. LOVE(抱きしめたい)


こうしてみるとほんとヒット曲ばかり。
聴いていて思い出すのは、歌謡番組でのジュリーの歌う姿。
化粧して歌う姿はグラマラス・ロック・ミュージシャンも顔負け。

ほんと華のある人。
この色気はロッド・スチュアートとも十分、張り合えるなって思えたりして。
曲もロックしてるんだよなあ。

70年代の日本で、大衆に受けいられるロックをしていたのは、やはりジュリーと山口百恵さんが双頭だね。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/07(木) 23:18:02|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<「コンプリート百恵回帰」 山口百恵 | ホーム | 「ヘルプ!4人はアイドル」 ザ・ビートルズ>>

コメント

全部、カラオケで歌えます!(笑)

君をのせて、がないのがさみしい。
巴里にひとり、とか。
  1. 2008/09/11(木) 09:26:07 |
  2. URL |
  3. tommy #FhYyxA6I
  4. [ 編集]

tommyさん、コメントありがとうございます。

>全部、カラオケで歌えます
おお、同士ですね。
こういうベストアルバムの選曲をみると、ジュリーは日本を代表する歌手だなあと思います。

ポリドール時代だけで43曲もあるから、全部のシングルは納めきれなかったんでしょうね。
「君をのせて」とか「巴里にひとり」とか抜け落ちてしまうのが確かに寂しいです。
  1. 2008/09/13(土) 02:04:28 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/446-7099b7a2

グッチ バッグ

徒然ネット 「ロイヤル・ストレート・フラッシュ」 沢田研二
  1. 2013/10/26(土) 02:33:24 |
  2. グッチ バッグ

オダ

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。