徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「美狂乱」美狂乱

美狂乱



1. 二重人格
2. シンシア
3. 狂「パートII」
4. ひとりごと
5. 警告


1982年発表の美狂乱のファースト。

まずジャケットがいい。
キツネのお面が暗闇に浮かび上がるのがかっこいいじゃない。
美狂乱ってどんなバンドなのか知らないまま買ってしまったよ。

1曲目のイントロを最初聴いた時、クリムゾンの「太陽と戦慄」が始まったのかと思った(笑。
だって、パーカッションの使い方とか似てるんだもの。
すぐに違いに気がついたんだけどね。

クリムゾンのコピーバンドが出発点だっていうから、サウンド的に似てるのは確かにあるんだよね。

でも1stから完成度は高いし、オリジナリティもしっかり出してきている。
ただのフォロワーじゃないってところはしっかり伝わってくる。

パワフルな演奏もいいですが、ところどころでしっとりしたところのメロディがなんとも美しんですわ。
抜群に須磨さんのギターの音色がいい。
凶暴に金切り声をあげていたかと思うと、甘くしっとりと奏でてきたり。
うん、このギターだけで買う価値ありだね、このアルバム。

2曲目「シンシア」でゲストのリコーダーとヴァイオリンと、須磨さんのアコースティック・ギターの絡みとか美しすぎます。
このすぐ後に短いながらもパワフルなインストナンバー「狂(パート2)」でA面を締めるアルバム構成とか上手いですよ。


ただ惜しむらくはリハーサルの時間が足りなかったのか、本来の美狂乱のリズムセクションの力を出し切れていない感じがある。
ライブなんかだともっと破壊力のあるリズムセクションだったと思ったんだけど。
高校時代のことなので記憶に美化がかかっているのかなあ。

と、ふとジャケットを取り出して中をみたら解説がついてる。
リハーサルが足りなかったって、確かに書いてあるなあ(笑。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/12(金) 22:36:03|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<「A Time Of Day」アネクドテン | ホーム | 「エビータ」>>

コメント

うわーーー。

生みたことあるんっす?
すんげぇ!!
  1. 2008/09/13(土) 10:34:11 |
  2. URL |
  3. tommy #-
  4. [ 編集]

地元のアマチュアバンド

tommyさん、コメントありがとうございます。

〉生
アマチュア時代の美狂乱は、静岡のバンドやっている人には、知る人ぞ知るって感じで有名でした。
中学のころ、オダのクリムゾン好きをしていた兄が、すごいバンドがいるってバイクで沼津あたりのアマチュアバンドのコンサートに連れて行かされたんですよ。
今、考えるとすごい経験をさせてもらったものだと思っています。
  1. 2008/09/17(水) 01:30:06 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/09/18(木) 09:26:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

いやあ、それはそれでうらやましい経験です。
  1. 2008/09/29(月) 00:40:03 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/450-a0fc3e88

オダ

01 | 2017/03 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。