徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「&」一青窈

ツレの音盤を聴いてみようの第二弾です。

& (通常盤)



1. Banana millefeuille
2. ホチKiss
3. うれしいこと。
4. かざぐるま
5. 影踏み
6. 指切り
7. アンモナイト
8. Oh la la
9. ピンクフラミンゴ
10. &
11. さよならありがと

2005年発表の一青窈の3rdアルバム。

バラエティに富んだ聴きやすい楽曲。
音もいいだけど印象的だったのなんといっても一青窈の歌詞。

言葉の選び方がとても面白い。
歌詞だけ見ていても楽しめるんだな。
いや、見ているだけというより、やはり言葉に出したほうが楽しめるかな。
それがメロディに乗っていなかったとしてもね。
歌詞を声にしたときの日本語自体の響きがいい。

1曲目の歌詞
「言葉 ひとつひとつ
 しぐさ ひとつひとつ
 わたし 一青窈(ひととよう)」
言葉自体ののテンポもいいし。言葉遊びとしても実に洒落ている。
これでいきなり一青窈の世界に引き込まれましたね。

続く「ホッチkiss」でも、ポップなサウンドに楽しい言葉遊びで追い討ちをかけてくるんだよね。

一青窈のボーカルに親しんだところでしっとりしたバラードがくる。
まあなんというか、アルバムの構成がうまいんだよね。

これはなかなか掘り出し物のアルバムでした。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/19(金) 22:47:05|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<デトロイト・メタル・シティ | ホーム | 「雲をも掴む民」ポルノグラフィティ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/456-c5ee9d95

オダ

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。