徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「トゥエルヴ」パティ・スミス

トゥエルヴ


2007年発表のパティ・スミスのアルバム。

1. アー・ユー・エクスペリエンスト?
2. ルール・ザ・ワールド
3. ヘルプレス
4. ギミー・シェルター
5. ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー
6. ホワイト・ラビット
7. チェンジング・オブ・ザ・ガード
8. ボーイ・イン・ザ・バブル
9. ソウル・キッチン
10. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット
11. ミッドナイト・ライダー
12. 楽園の彼方へ

今作はカバー集。
実に様々なアーティストを取り上げていて、なかなか面白い選曲である。

サウンドもパティらしく、実にロックしていてオダ好みに仕上がっている。
重いんだけど、聴いてて心地よさを感じるロックなんだな。

このサウンドにパティのボーカルが実にマッチしている。

3のニール・ヤングのカバー。
これが実に美しくも物悲しいサウンド。
アコギで歌いあげているだけど、ロックなんだな。
10のニルヴァーナのカバーとか、けしてヘビーなサウンドじゃないんだけどニルヴァーナに勝るとも劣らぬ重さを感じさせる。
もうこれは魔力といってもいいよなあ。

パティって、歌のテクニックで表現する人じゃないんだよね。
ボーカルそのものに存在感があって独自の世界を表現するってタイプ。

パティが歌うってだけで、どの曲もパティ独自の世界に昇華してしまう力技。

こういう重く奥行きのあるロックはってものはどちらかというと英国やヨーロッパの人の十八番なんだけど。
これだけのロックが創れるってのは、パティってアメリカでは異質な存在だよね。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/26(水) 23:46:48|
  2. 音楽(アメリカ・カナダ)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<「Nice Middle」小泉今日子 | ホーム | 「ラーニング・トゥ・クロール」ザ・プリテンダーズ>>

コメント

うん、異質なカバー。そして重い。それがパテイ・スミス。でももう再生してからの方が長い活動ですもん。
  1. 2008/11/27(木) 23:47:47 |
  2. URL |
  3. フレ #-
  4. [ 編集]

フレさん、どうもです。

〉異質なカバー
そうですね、すごく異質。
どの曲も音が凄く重い印象になっていて。
パティってやはり存在そのものが個性的なんですね。
  1. 2008/11/30(日) 01:39:00 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/489-d29b5e0c

Patti Smith - Twelve

 ロックという世界は実に面白い。最近またそれを実感している。別にテーマを決めなくても聴きたいモノを聴けばいいんだけど、それがあまり...
  1. 2008/11/27(木) 23:48:32 |
  2. ロック好きの行き着く先は…

オダ

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。