徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「原子爆弾解体新書」U2

原子爆弾解体新書~ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム


1. ヴァーティゴ
2. ミラクル・ドラッグ
3. サムタイムズ・ユー・キャント・メイク・イット・オン・ユア・オウン
4. ラヴ・アンド・ピース・オア・エルス
5. シティ・オブ・ブラインディング・ライツ
6. オール・ビコーズ・オブ・ユー
7. ア・マン・アンド・ア・ウーマン
8. クラムズ・フロム・ユア・テーブル
9. ワン・ステップ・クローサー
10. オリジナル・オブ・ザ・スピーシーズ
11. ヤハウェ


2004年発表のU2の11枚目のアルバム。
前作に引き続きU2の原点回帰。

貫禄を感じさせる1枚ってやつだな。

プロデューサーにはスティーブ・リリーホワイト。

今回も前作に引き続きシンプルかつ力強い、そしてかっこいいロック。
リリーホワイトって、こういうのを創らせるとほんと上手いプロデューサーだ。

イーノに比べるとゴツゴツした金属的なサウンド。
こういうのって、エッジの切れのいいギターのカッティングがかっこよさを増すんだよね。

原点回帰とはいえ、前作のブライアン・イーノとは質が違っている。
前作と聴き比べると面白いと面白いんだよね。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/09(金) 23:42:12|
  2. 音楽(イギリス・アイルランド)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<「コードギアス 反逆のルルーシュ R2 」 | ホーム | 「太陽にほえろ! ― オリジナル・サウンドトラック」井上堯之バンド>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/517-6eca3cd3

クロムハーツ

徒然ネット 「原子爆弾解体新書」U2
  1. 2013/10/23(水) 14:14:58 |
  2. クロムハーツ

オダ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。