徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「悪の華」マウンテン

悪の華(紙ジャケット仕様)


1. 悪の華
2. 王様のコラール
3. 最後の冷たいキス
4. クロスローダー
5. 誇りと情熱
6. 幻想の世界
7. ミシシッピー・クイーン

1971年発表のマウンテンのアルバム。

スタジオ録音とライブの組み合わせ。

スタジオ録音のパートもいいが、ライブ・パートがかっこよくていい。
特にレズリー・ウエストのギターとパッパラルディの掛け合いは凄い。
ライブならではの白熱ぶりだ。

音だけ聴いた時は、どんな人がかっこいい奴がやっているんだろうって思ったのだが。

高校の頃のオダにとっては、まだ細身のロック・ミュージシャンしか知らなくてね。
Zep、ELP、フロイドなどなど、それなりに見た目のいい奴がロックをするってイメージが強くてさあ。
当然ミート・ローフも知らなかったし、太っちょのロック・ミュージシャンがいるなんて想像出来なかったんだ。

だからレズリーの太っちょぶりを観たときの衝撃って、ちょっとしたものがあって(笑。
こんな体型でもロックやれるんだってのは、ちょっとしたカルチャー・ショックだったね。
これに匹敵するのは、1979年のネブワースでのコンサートにおけるロバート・プラントの激太り写真くらいか(爆。




スポンサーサイト
  1. 2009/02/18(水) 23:07:06|
  2. 音楽(アメリカ・カナダ)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<「消えゆく希望の灯」ジェット | ホーム | 「ロックン・ロール」ジョン・レノン>>

コメント

わかる…

ロックってのはルックスが最優先だったからねぇ、こういう人が前面に出てくるってのは驚いたもんです。音から入れば問題ないけどね。それでもこのアルバムのライブは熱いっすね~。
  1. 2009/02/21(土) 11:50:46 |
  2. URL |
  3. フレ #-
  4. [ 編集]

Re: わかる…

> ロックってのはルックスが最優先だったからねぇ、こういう人が前面に出てくるってのは驚いたもんです。

エントリでも書いてますが、一種のカルチャー・ショックでした(笑。

>音から入れば問題ないけどね。それでもこのアルバムのライブは熱いっすね~。

ええ、このライブはいいですよね~。
  1. 2009/02/24(火) 00:25:08 |
  2. URL |
  3. オダ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/535-06754946

Mountain - Flowers Of Evil

 アメリカを代表する巨漢ギタリストと云えば、そう、マウンテンのレズリー・ウェストだな。大体がロックミュージシャンってのはやせ細っ...
  1. 2009/02/21(土) 11:47:12 |
  2. ロック好きの行き着く先は…

オダ

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。