徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ホワイ・ドンチャ」ウエスト・ブルース&レイング

Why Dontcha


1. Why Dontcha?
2. Out into the Fields
3. Doctor
4. Turn Me Over
5. Third Degree
6. Shake Ma Thing (Rollin' Jack)
7. While You Sleep
8. Pleasure
9. Love Is Worth the Blues
10. Pollution Woman

1973年発表のウエスト・ブルース&レイングのファースト・アルバム。

クリームのジャック・ブルースがいたバンドってことが、このアルバムを入手するきっかけでした。
オダがレズリー・ウエストを知ったのはこのアルバムが最初。

メンバーはクリームにいたジャック・ブルースに、解散したばかりのマウンテンからレズリー・ウエストとコーキー・レイング。

セールス的に失敗するし、評判も散々であっという間に解散してしまいましたが。

確かに傑作かと訊かれると辛いところがあるのですが、それほど駄作でもなくまずまずの秀作ってのがオダの評価です。

ハード・ロックにはまっていた時期でもあったし、オダはこのアルバムのようなヘビーなサウンドは割と好きなんですよ。
1曲目のアルバム・タイトル曲とかかっこいいでしょ。

クラプトンよりレズリー・ウエストのギターのほうが好きってこともあって、当時はクリームより聴きやすかったくらい。
まだマウンテンを聴いていなかったしね。

ただマウンテンを聴いてしまうと、クリームともマウンテンともどっちつかずの中途半端なサウンドだったんだなっていうのも解る。

それぞれのバンドに感じる存在感っていうのかな、そういうのがない。
スター同士のバンドって、上手く融合しないとかえって互いの魅力を打ち消しあってしまうってことだね。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/22(日) 23:52:21|
  2. 音楽(イギリス・アイルランド)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「アンド・アバウト・タイム・トゥ」バーニー・マースデン | ホーム | 「ギター・ショップ」ジェフ・ベック>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/539-11a55b9e

オダ

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。