徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「四重人格」ザ・フー

四重人格



1973年発表のザ・フーの6作目のオリジナル・アルバム。

ディスク:1
1. ぼくは海
2. リアル・ミー
3. 四重人格
4. カット・マイ・ヘアー
5. 少年とゴット・ファーザー
6. ぼくは一人
7. ダーティー・ジョブス
8. ヘルプレス・ダンサー
9. イズ・イット・イン・マイ・ヘッド
10. アイヴ・ハッド・イナフ

ディスク:2
1. 5:15(5時15分)
2. 海と砂
3. ドゥローンド
4. ベル・ボーイ
5. ドクター・ジミー
6. ザ・ロック
7. 愛の支配

「トミー」に続くロック・オペラの金字塔。
話の内容はというと、ジミーというモッズ少年の物語。
歌詞をみてるとどうってことのない話にしかオダには思えない。
1970年のアンドリュー・ロイド・ウェーバーとティム・ライスによる「ジーザス・クライスト・スーパースター」だとユダの苦悩とかに共感できるんだよね。
だからお話としても好きなんだけどね。
だけどモッズっていったいどんなものかとか、モッズの流行していた時代についてとか良く知らないってのがあるからなあ。
物語についてのイメージが浮かびにくいってのはあるかも。

でもお話しに共感できなくても、それに音楽がつくよどうしてもこうもかっこ良く感じてしまうのかなあ。

クラシックのオペラにしろ、ミュージカルにしろ曲がなければどうってことのないストーリーってことはまあよくある話で。
でも曲がいいと、それでストーリーの拙さは許せてしまうってのあるんだよね。

オダとしては,ピート・タウンゼントってやはりミュージシャンで、小説家でなくてよかったってことで。






スポンサーサイト
  1. 2009/09/20(日) 23:06:40|
  2. 音楽(イギリス・アイルランド)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「クレヨンしんちゃん」のはらしんのすけ 他 | ホーム | 「BEST II」中森明菜>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/592-80403555

オダ

01 | 2017/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。