徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「GOLDEN☆BEST」爆風スランプ

GOLDEN☆BEST/爆風スランプ ALL SINGLES(完全生産限定盤)




ディスク:1
1. 週刊東京「少女A」
2. うわさに、なりたい
3. 無理だ!決定盤 (YOU CAN NOT DO THAT)
4. 嗚呼! 武道館
5. 青春の役立たず
6. らくだ
7. まっくろけ
8. 愛がいそいでる
9. THE TSURAI
10. きのうのレジスタンス
11. ひどく暑かった日のラヴソング
12. Runner
13. 月光
14. リゾ・ラバ -resort lovers-
15. 大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い

ディスク:2
1. 45歳の地図 (辛口生ヴァージョン)
2. カネ (マネーに捧ぐ)
3. おお BEIJING
4. 東京ラテン系セニョリータ
5. がんばれ、タカハシ!
6. 涙2 (LOVEヴァージョン)
7. 友情≧愛 (友情 大なりイコール 愛)
8. さよなら文明
9. マンビー人生
10. 勝負は時の運だから
11. 愛のチャンピオン
12. 神話
13. 新しいことを始めよう
14. 旅人よ ~The Longest Journey
15. 天使の涙 [album version]
16. モンスター
17. 暖かい日々



「RUNNER」の大ヒットで、青春さわやかバンドってイメージがついてしまった爆風スランプ。
「RUNNER」って曲は、1986年からプロデューサーを担当した新田一郎の目的とした「売れる」ってことの集大成であり、そして「爆風=青春もの」という世間一般における最大公約数的なイメージを定着させてしまったんだろうな。


でもメジャーデビュー前から知っているオダとしては、そういうイメージには違和感がある。
爆風というとロックの猥雑さが魅力だけのバンドだったんだ。

メジャー・デビューの前後の頃は、コンサートが楽しかった。
特に、野外ステージでのはじけっぷりは圧巻。

ステージ降りて走りまわる。
暴れてセットは壊す。
ストーリー・キングはする。
もう無茶苦茶のコンサート。

サウンド面では、とにかくリズム隊が強力なのが印象に強くかったです。
サンプラザ中野のボーカルはというと、この頃はまだ線が細いし、歌も全然下手。
バックの迫力に負けまくっているんだ(笑。

そんななか一番目立っていたのはやはりベースの江川ほーじん。
チョッパーで弾きまくる様子は無茶苦茶かっこいい。

コンサートでのオープニングの定番だった「えらいこっちゃ」とか「たいやきやいた」とかでのベースは際立っていた。

そんな訳でロック好きには、こちらのベストよりデビューアルバムの「よい!」が面白いとおもうんだな。



あれ、全然「GOLDEN☆BEST」の話になってないぞ(爆。













スポンサーサイト
  1. 2009/10/13(火) 19:17:56|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<「GOLDEN☆BEST 」東京パフォーマンスドール | ホーム | 「GOLDEN☆BEST」西城秀樹>>

コメント

ソニー三大色物バンド

聖飢魔II、米米CLUBと並んで「ソニー三大色物バンド」と証されるほどインパクトの強い音楽とライブを提供してきた彼らって、ヒット曲とそれ意外の曲とのギャップが大きかったりしませんか!?
米米クラブにしてもヒット曲「君がいるだけで」以前の曲のほうがよかったと言うファンも少なくないですから。(個人的には「FUNK FUJIYAMA」が好きでした!)
悲しいかな我輩は「RUNNER」のイメージが強いから詳しくは分からないけど、でも荒削りな舞台は想像に難くは無いですねぇ。
聖飢魔IIはデーモン小暮閣下のバラード発声がキレイなんですが、でも世間のイメージは「蝋人形の館」で括られている。ヘビメタだけじゃないんだけどなぁと嘆きたくなりますよ。

まあこの3バンドとも、メジャーになってからは色物度が減って面白味に欠けると嘆く人が入るのは確かです…悲しいかな。
(聖飢魔IIはデーモン小暮閣下が巧くやってたからマシだったが)
  1. 2009/12/07(月) 07:06:15 |
  2. URL |
  3. ヒラタツ #AK5A50jw
  4. [ 編集]

Re: ソニー三大色物バンド

ヒラタツさん、コメントありがとうございます。

> 聖飢魔II、米米CLUBと並んで「ソニー三大色物バンド」と証されるほどインパクトの強い音楽とライブを提供してきた彼らって、ヒット曲とそれ意外の曲とのギャップが大きかったりしませんか!?

ライブというと米米と爆風をまだ売れる前に生で観たことがありますが。
ほんと面白かったですね。
ライブ・ハウスとか1000名くらいの小さなホールでのコンサートは、会場とバンドとの一体感があっていいんですよ。
アリーナ規模のコンサートとは違った手作りライブって感じ(笑。
そういう時代を知っていると、売れる曲とやりたかった曲が違うってことがあるんだなと。
特に爆風に関してはそう思います。

> 米米クラブにしてもヒット曲「君がいるだけで」以前の曲のほうがよかったと言うファンも少なくないですから。(個人的には「FUNK FUJIYAMA」が好きでした!)

「君がいるだけで」以降は石井さん一人がだんだん目立つ形になり、バンドとしてのあり続ける意味が薄れていった気がしますね。
初期のアルバムの方が、米米がバンドとして機能していた感じがあってそちらがいいというファンもいますね。個人的には米米はギターの博多めぐみさんがいた頃が好きです。

> まあこの3バンドとも、メジャーになってからは色物度が減って面白味に欠けると嘆く人が入るのは確かです…悲しいかな。
> (聖飢魔IIはデーモン小暮閣下が巧くやってたからマシだったが)

バンドも同じことばかりしていられないでしょう。
それを成長とみるか、迎合と見るかで評価が違うのかなと。
  1. 2009/12/08(火) 19:06:47 |
  2. URL |
  3. オダ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/600-ce4460fc

gucci 財布

徒然ネット 「GOLDEN☆BEST」爆風スランプ
  1. 2013/10/26(土) 00:13:31 |
  2. gucci 財布

オダ

01 | 2017/03 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。