徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『the way it really is』Lisa Loeb

2004年発表のリサ・ローブの4枚目のアルバム。
いきなりドスの利いた(失礼)ような低い声で始まるオープニング「window shopping」に驚かされました(笑。
どんなアルバムになることやらと思ったら、その後はいつものリサの歌い方に戻っていました。
曲作りは上手いです。
シンプルで親しみやすいメロディ。
そんな曲作りをしている人って、アルバム全体になると単調でどこを切っても金太郎あめ。曲自体はいいんだけどアルバム全体で聴くとつまんないよってなる事が多いのだが、リサのアルバムはそんなことはない。メロディ・メーカーとしての引き出しが多いからなんだろうな。

音には関係ない事ですが。
これまでリサというとずっと眼鏡の可愛いお姉さんという印象を持っていたのですが、このとき既に30代半ばだったという事に気づきちょっと呆然(笑。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/19(木) 23:49:09|
  2. 音楽(アメリカ・カナダ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『Let It Be』The Beatles | ホーム | 『Physical Graffiti』Led Zeppelin>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/61-dcaaecd9

オダ

01 | 2017/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。