徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ゲリー・カー」ゲリー・カー

先日取り上げたジャコ・パストリアスとはまた違った意味でベースをやっていた自分にとって衝撃的だった人を。
今回はクラシックから。


アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ゲリー・カー~



1. アヴェ・マリア(バッハ,グノー)
2. 夏の名残りのバラ(庭の千草)(フロトー)
3. アヴェ・マリア(シューベルト)
4. 主よ,人の望みの喜びよ(バッハ)
5. 白鳥(サン=サーンス)
6. 祈り(ブロッホ)
7. 夢のあとに(フォーレ)
8. ジョスランの子守歌(ゴダール)
9. アメイジング・グレイス(黒人民謡)
10. 夢見る人(フォスター)
11. 星に願いを(ハーライン)
12. ヴォカリーズ(ラフマニノフ)
13. アルビノーニのアダージョ(アルビノーニ/ジャゾット編)
14. 赤とんぼ(山田耕筰)
15. 荒城の月(瀧廉太郎/山田耕筰編)
16. 鳥の歌(カタロニア民謡)

コントラバスってソリストに向かない楽器の代表。
楽器の図体はでかいんだけど、音がくすみがちで明快な音を出すのが難しい。
さらに演奏を難しくしてるのが弓。
弦楽器のなかで一番短い弓は、ソリストとして演奏するにあたって不利だ。
だからコントラバスでソロ活動するなんて誰も考えたりはしなかったのだ。

ところが、それを覆してしまったのがゲリー・カー。

とてもコントラバスとは思えないはっきりした音色。
そして卓越した表現力。

レパートリーの広さも桁外れ。

コントラバス用の曲のみならず、ドヴォルザークのチェロ協奏曲のようなチェロでも難しい曲をなんなく弾きこなしてしまう技量はこれまた神業。

クラシックに限らず、「エンターテナー」などのポップスも演奏するかと思えば、「赤とんぼ」「さくらさくら」のような日本の曲を演奏した「日本のうた」みたいなアルバムも出している。


この人もまた天才の一人なんだろうな。









スポンサーサイト
  1. 2009/11/12(木) 23:44:10|
  2. 音楽(クラシック)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<「ダブル・エスプレッソ」トニー・レヴィン | ホーム | 「野鳥の羽ハンドブック」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/616-2f5a90f4

グッチ 財布

徒然ネット 「アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ゲリー・カー」ゲリー・カー
  1. 2013/10/25(金) 18:23:59 |
  2. グッチ 財布

オダ

01 | 2017/03 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。