徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「イン・ユア・オナー」フー・ファイターズ

ニルヴァーナのデイヴ・グロールが、フー・ファイターズをやっていることに最近気がついたオダです。
ニルヴァーナではドラマーだったので、歌ったりギターを演奏している彼が同一人物とは思わなかったんですよ。


イン・ユア・オナー



2005年発表のフー・ファイターズの5作目のアルバム。


ディスク:1
1. イン・ユア・オナー
2. ノー・ウェイ・バック
3. ベスト・オブ・ユー
4. Doa
5. ヘル
6. ザ・ラスト・ソング
7. フリー・ミー
8. リゾルヴ
9. ザ・ディーペスト・ブルーズ・アー・ブラック
10. エンド・オーヴァー・エンド
11. ザ・サイン
ディスク:2
1. スティル
2. ワット・イフ・アイ・ドゥ
3. ミラクル
4. アナザー・ラウンド
5. フレンド・オブ・ア・フレンド
6. オーヴァー・アンド・アウト
7. オン・ザ・メンド
8. ヴァージニア・ムーン
9. コールド・デイ・イン・ザ・サン
10. レイザー

1枚目がこれまでどおりのロック・ナンバー。
4分前後の短いけれどパンチが効いた曲が揃っている。
デイヴ・グロールのシャウトが魅力的。
ビートに気持ちよくのるシャウト。
カート・コバーンとはまた違った魅力のシャウトだな。

それに対して2枚目がアコースティック・ナンバーを集めたもの。
デイヴ・グロールってシャウトしない歌い方も味があるじゃないですか。

驚いたことにZepのジョン・ポール・ジョーンズがゲストで参加している。
ニルヴァーナ時代からZepをライヴでやっていたからファンなんだろうな。
フー・ファイターズとペイジとジョーンズがライヴで競演ってのもあったし。

どちらのディスクも良く出来ている。
今のところ、フー・ファイターズで一番好きなアルバムだな。





スポンサーサイト
  1. 2009/12/28(月) 21:26:49|
  2. 音楽(アメリカ・カナダ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「オクトーバー・プロジェクト」オクトーバー・プロジェクト | ホーム | 「ライヴ・アット・レディング」ニルヴァーナ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/629-dbcb7794

オダ

12 | 2017/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。