徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「浮気なぼくら」イエロー・マジック・オーケストラ

何気なくNHKの音楽番組J-popでアニソン特集やっているのを観ていたんですよ。
いやあ、会場が熱かったですねえ。
みんなアニソン好きだわ。
そのオープニングに出てきたのが初音ミク。
「君に、胸キュン。」を歌ったんだけど、これがなかなか面白くて。
というわけでついついオリジナルを引っ張り出して聴いてたんですね。


浮気なぼくら



1983年発表のイエロー・マジック・オーケストラの7枚目のアルバム。

1. 君に,胸キュン。~浮気なヴァカンス
2. 希望の路~エクスペクテッド・ウェイ
3. フォーカス
4. 音楽~ONGAKU
5. オープンド・マイ・アイズ
6. 以心電信(予告編)~ユーヴ・ガット・トゥ・ヘルプ・ユアセルフ
7. ロータス・ラヴ
8. 邂逅~KAI-KOH
9. 希望の河~エクスペクティング・リヴァーズ
10. ワイルド・アンビションズ

散開することが決まっていたせいか、YMOとしてはかなりはじけたポップなアルバムになっている。

パフュームみたいなポップ・テクノ原点て、このアルバムだよなってオダなんかは思っちゃうんだが。
大ヒットした「君に、胸キュン。」とか、これまでのYMOからは想像できないサウンドですよ。

英語の歌詞が多かったYMOであるが、今作では一転日本語歌詞がメインに。
ってこともあってかなり一般的にもとっつきやすい音になっている。
細野さんが松田聖子に楽曲を提供したり、坂本教授が郷ひろみのプロデュースするなど、歌謡界への関与が増えていたことも影響しているのかなあ。

まあ今、聴くと時代を感じてしまうんだが、面白いことには変わりないな。









スポンサーサイト
  1. 2010/02/25(木) 22:23:46|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4
<<「古事記」喜太郎 | ホーム | 「Piano Nightly」矢野顕子>>

コメント

日本語歌詞のYMO

このアルバムそのものではないですが、手持ちの「SUPER BEST OF YMO」に収録曲の過半数が入ってるので反応します。
この時期の日本語歌詞のテクノポップが大好きで、カラオケへ行っても「君に胸キュン」とかは歌ったりもしますよ。実際日本語歌詞のYMOソングは収録率高いですし(英語歌詞は収録率低い)
散会前の盛大なファンサービスでもあり、一番面白かった時期だと思います。
もっとも、一番笑えたのは「浮気なぼくら」には収録されてない[Taiso]の歌詞ですが…♪腕を胸の前に上げてケイレンの運動~♪とかもう、コミックバンドかと思った(爆)
※[Taiso]以降、日本語系ナンバーが多くなりましたね!テクノデリックが分岐点だったのか!?

ハリー(細野晴臣)や教授(坂本龍一)の楽曲提供活動が盛んだった頃は80年代ポップも花盛りだった記憶があります。岡田有希子「くちびるNetwork」作曲も教授だった記憶が(笑)あれは純粋に聞いてて気持ちよかったけど4/8に暗転したような...orz
  1. 2010/03/07(日) 07:24:46 |
  2. URL |
  3. ヒラタツ #AK5A50jw
  4. [ 編集]

Re: 日本語歌詞のYMO

ヒラタツさん、コメントありがとうございます。

> この時期の日本語歌詞のテクノポップが大好きで、カラオケへ行っても「君に胸キュン」とかは歌ったりもしますよ。実際日本語歌詞のYMOソングは収録率高いですし(英語歌詞は収録率低い)

YMOの曲は歌のメロディがそんなに難しくないから、カラオケで歌いやすいですね。
英語歌詞の収録率が低いのは、やはりカラオケは英語で歌える人が少ないってのが大きいのかなと。

> 散会前の盛大なファンサービスでもあり、一番面白かった時期だと思います。
> もっとも、一番笑えたのは「浮気なぼくら」には収録されてない[Taiso]の歌詞ですが…♪腕を胸の前に上げてケイレンの運動~♪とかもう、コミックバンドかと思った(爆)


「Taiso」は面白かったですね。
スネークマンショーに関わるなど、YMOはユーモアセンスも抜群です。

> ハリー(細野晴臣)や教授(坂本龍一)の楽曲提供活動が盛んだった頃は80年代ポップも花盛りだった記憶があります。岡田有希子「くちびるNetwork」作曲も教授だった記憶が(笑)あれは純粋に聞いてて気持ちよかったけど4/8に暗転したような...orz

岡田有希子「くちびるNetwork」の作曲は確かに教授ですね。
作詞がSeiko(松田聖子)って組み合わせに驚いた記憶があります。
明るいポップ調のいい曲で岡田さんにとって最大のヒット曲で、まさに絶頂期をこれから迎えようかというときだっただけに4/8の出来事は残念でした。
  1. 2010/03/08(月) 20:42:29 |
  2. URL |
  3. オダ #-
  4. [ 編集]

YMOとOMY

オダさんレスありがとうございまーす!
確かにYMOのユーモアセンスは秀逸で、それを引き継ぐコミックバンドもありますよね。
この際ゲーム音楽クリエイター集団「OMY」にも触れておきましょう(笑)ナムコ好きなら判る曰くつきのユニット。
YMOのパロディが有名で、歌詞も笑えるものが多いですが…特に「TAISO」をもじった「退職」は不謹慎ながらも爆笑でしたね!「社長の娘に手を出して退職の勧告」とかもうドツボです!!!(爆)
参考までに動画URLの一部を挙げておきます。
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm485031

そもそもYMO自体「COMPUTER GAME」があったり、細野さん監修で80年代に「VIDEO GAME MUSIC」なるゲーム音楽集が出るなど、ゲーム音楽との関わりは以前から随分ありますよね。
細野晴臣氏本人も80年代ナムコットCM「重いカルチャーをオモチャーという」で出ていました。これは大きいでしょうな(爆)

それだけにニコニコ動画には「アイドルマスター」と組み合わされたYMO系MADも比較的多かったりしますよ。OMYも含めて「おっさんホイホイ」扱いされてますが(爆)
  1. 2010/06/20(日) 03:52:48 |
  2. URL |
  3. ヒラタツ #AK5A50jw
  4. [ 編集]

ヒラタツさん、コメントありがとうございます。

オリエンタル・マグネチック・イエローの話ができるとは思いませんでした。

インディーズでお遊びでやっていた彼らが、1996年にメジャー・レーベルからもアルバムが出たときはビックリしたものです(笑。
YMOもインベーダーゲームの音楽を手がけていたり、ゲーム音楽のクリエーターにとってみれば大先輩にもなるのかな。

それにしてもニコ動にOMYの動画あるなんて。
ニコ動恐るべしというか(笑。
いやあ、楽しませてもらいました。
  1. 2010/06/22(火) 00:04:49 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/654-64be93ec

グッチ 財布

徒然ネット 「浮気なぼくら」イエロー・マジック・オーケストラ
  1. 2013/10/26(土) 00:12:46 |
  2. グッチ 財布

オダ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。