徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「古事記」喜太郎

古事記



1990年発表の喜多郎の10枚目のアルバム。

1. 太始
2. 創造
3. 恋慕
4. 大蛇
5. 嘆
6. 饗宴
7. 黎明


日本の神話「古事記」をテーマにしたコンセプト・アルバム。

喜多郎というとシルクロードのサントラのようなゆったりとした音楽ってイメージがオダにはあったのですよ。
そういった喜多郎への印象を変えさせたのがこのアルバム。

喜太郎のサウンドの変化の要因としてアメリカに移住があるんじゃないのかな。
異国に住むによって、日本のアイデンティティを再認識した。
だからこそ日本の原点となる神話「古事記」を喜太郎なりにとらえなおそうとしたと思うんだ。

そのことでサウンド面でも大きな変化が見られるきっかけに。
その変化の象徴が和太鼓の使用。
和太鼓をはじめとして力強いリズムを大胆に導入するようによって、このアルバムのサウンドがとてもダイナミックになっているんだ。

中でも「大蛇」が素晴らしい。
曲の構成・展開の仕方とかもう極上品。
ほんとゾクゾクする高揚感が味わえるんですよね。

このあたりの曲は、ロック好きにも面白いと思うんだ。
特にプログレ好きだったら、たまらないんじゃないかな。

ヒーリング・ミュージックとかアンビエント・ミュージックの枠を超えてます。

「喜太郎恐るべし」と再認識したアルバムです(笑。




スポンサーサイト
  1. 2010/02/27(土) 22:59:09|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「地球空洞説」ファー・イースト・ファミリー・バンド | ホーム | 「浮気なぼくら」イエロー・マジック・オーケストラ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/655-671ace3b

オダ

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。