徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「英哲(EITETSU)」林英哲

オダにとって、和太鼓の第一人者と言えばやはりこの人かな。

いろいろとコラボも多い林英哲さん
色んなジャンルとのコラボもそれはそれで面白いは面白いんだけどね。
でも、やはりその人の本来の土俵ってものがあるじゃない。
林英哲さん流の和太鼓中心の邦楽ってやつが聴きたいってね。

そう言うときはやはりこんなアルバムかな。


英哲(EITETSU)



1991年発表の林英哲さんのアルバム。

1. 序の譜
2. 宴
3. 三つ舞
4. 五百夜
5. 毬剣舞
6. ねぶた



やはり和太鼓って日本の楽器なんだよね。
この迫力のある音。
血湧き肉踊るって感じでいいよね(笑。
地元のお祭りとかでも太鼓叩くんだけど、和太鼓って存在感がある音なんだよね。
もちろん林さんに比べたら素人もいいところなんだけど、身近にそういうのを経験してると英哲さんのすごさが解るっていうか。
とくにライブを観に行くともう迫力が全然違うんだよね。

CDも悪くはないんだけど、ライブの迫力には負けるって思うんだな。
体に振動が伝わるって感じがCDだとどうしても抜けちゃうんだよね。
DVDでのライブ映像をいいスピーカーで聴くってのがいいだけど、日本の住宅事情を考えると誰でも楽しめるもんじゃないよなあ。
5.1サラウンドの重低音でもまだ少し振動が甘い気がする。
迫力のある和太鼓はさすが。
低音がきれいに出るスピーカー
スポンサーサイト
  1. 2010/11/23(火) 23:48:06|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<「25th Anniv Rock & Roll Hall Fame」 | ホーム | 「TAKIO-ソーラン節」伊藤多喜雄&TAKIO BAND>>

コメント

生で1度彼の和太鼓聴いてみたいです。

やはり、CDでは伝わらないと思いますね~
  1. 2010/12/27(月) 18:22:19 |
  2. URL |
  3. Tommy #FhYyxA6I
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

Tommyさん、レスが遅くなってほんとすいません。


> 生で1度彼の和太鼓聴いてみたいです。
>
> やはり、CDでは伝わらないと思いますね~

これはほんとそうですよ。
体が震えるような音の振動を感じるって、生ならではの醍醐味です。
地元の祭りで太鼓叩くことがありますが、ストレス発散なりますね。
  1. 2012/11/29(木) 20:22:33 |
  2. URL |
  3. オダ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/707-731a3d4c

クロムハーツ 財布

徒然ネット 「英哲(EITETSU)」林英哲
  1. 2013/10/23(水) 14:13:23 |
  2. クロムハーツ 財布

オダ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。