徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ウィズ・ザ・ビートルズ」 ザ・ビートルズ

ビートルズって凄いなって思えるのは、活動の後半におけるアルバムには音に古さをあまり感じないところかな。
とはいえ流石にファーストアルバムの「プリーズ・プリーズ・ミー」とかこのセカンドアルバムはやっぱり音が古いんだよね。


ウィズ・ザ・ビートルズ



1963年発表のビートルズのセカンド・アルバム。

1. イット・ウォント・ビー・ロング
2. オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ
3. オール・マイ・ラヴィング
4. ドント・バザー・ミー
5. リトル・チャイルド
6. ティル・ゼア・ウォズ・ユー
7. プリーズ・ミスター・ポストマン
8. ロール・オーバー・ベートーヴェン
9. ホールド・ミー・タイト
10. ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー
11. アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン
12. デヴィル・イン・ハー・ハート
13. ナット・ア・セカンド・タイム
14. マネー

音はやはり今、聴くと流石に古い(笑。
ファーストが売れたことでスケジュールに余裕を持って創れたといえど、時代の制約はある。
レコーディングの技術をビートルズが飛躍的に向上させるにはもう少し時間と予算が必要だったわけで、このアルバムが製作された時点ではそれは望むべくもないことなのは仕方ない。

それでもザ・バーズと違って初期のビートルズをオダが聴けるのは、やはりビートルズの音楽がロックン・ロールしてるところかな。
聴いていてパワーというか、これでのしあるんだぞって勢いを感じるるんだよね。
こういう雰囲気って、聴いてて血がらたぎるじゃない。
やはりロックはこうじゃないとね。

コーラス・ワークも見事だけど、この時期のビートルズの魅力のひとつはジョンのシャウトかな。
これが無茶苦茶かっこいいだな。
ロックって、シャウトかっこよさについつい騙されちゃうこともあるからさ。
「オール・マイ・ラヴィング」「ロール・オーバー・ベートーベン」「マネー」とかロックン・ロールのスタンダードは音は古いなりにこの時期にしか出せない勢いってのはあるし、やっぱり聴いてて楽しいんだね。

やっぱりハングリーさからくる勢いって、ロックン・ロールの重要な要素ってことかな。




スポンサーサイト
  1. 2013/04/19(金) 23:54:46|
  2. 音楽(イギリス・アイルランド)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<「ザ・ネクスト・デイ 」 デヴィッド・ボウイ | ホーム | 「ミスター・タンブリン・マン」 ザ・バーズ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/747-5c5c86bc

gucci 財布

徒然ネット 「ウィズ・ザ・ビートルズ」 ザ・ビートルズ
  1. 2013/10/19(土) 18:04:03 |
  2. gucci 財布

オダ

12 | 2017/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。