徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「展覧会の絵」 EL&P

1972年発表のエマーゾン・レイク・アンド・パーマー(EL&P)のサード・アルバム。
クラシックの作曲家ムソルグスキーの「展覧会の絵」をアレンジしたもの。



もともとはピアノ組曲だが、さまざまなバージョンがある。
ムソルグスキーの死後に世に出る事になったのだが、これもムソルグスキーの遺稿を整理していたリムスキー=コルサコフによる改訂されており、ムソルグスキーの原典版と区別されている。
ラベル編曲のオーケストラ版が一番有名。
ピアノ曲でもアシュケナージ版、ホロビッツ版などもある。
富田勳のシンセサイザー版、クラシック・ギターの山下和仁版なども有名。
独学で音楽を学んでいたため、作曲の技術が未熟であるとして当時は評価されない人だった。
しかし、彼の持つ音楽のオリジナリティは多くの人を惹き付ける。
だからこそのこれだけのアレンジのバージョンが出ているのだろう。

EL&Pもやはりそんなムソルグスキーの音楽を実に大胆に解釈を行なっている。
まず、歌詞がある(笑。
自分たちで作詞してしまっているのだ。

そしてオリジナルの曲を整理し彼らに合わないものは削除している。そしてあろうことか、新しい曲を作曲して組曲の中に組み込んでしまっているのだ。
この事によって、後半における組曲としての盛りあがりは格段に強化されている。

ここまで大胆な解釈はなかなか出来る事ではない。
ムソルグスキーのオリジナルに敬意を払いつつ、ここまで作り替えてしまうパワー。
EL&P恐るべし。

そして何より、この新作をライブ収録してアルバムで出してしまう所が、彼らのバンドが当時どれだけのパワーを持っていたのか思い知らさるね。


さて、展覧会の絵のライブの映像は現在DVDでも見る事が出来る。




単純にバンドの演奏を映してくれればいいのだが、余分な映像効果は不評である。
それでもバンドの絶頂期の打ち上げ花火的な派手なコンサートの雰囲気を味わうにはお薦めの1枚ではある(笑。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/22(金) 14:10:01|
  2. 音楽(イギリス・アイルランド)|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:2
<<『Tubular Bells 2003』Mike Oldfield | ホーム | U2 魂の叫び>>

コメント

こんばんは~(´∇`)
私のトンデモな日記にコメント・TBありがとうございます!
さっそく、TB返ししてみました。

他の方の真面目なCDレヴューを読むと、自分の文章力の無さに愕然としてしまいますw
また、寄らせてもらいますので、よろしくです!
  1. 2006/09/23(土) 00:43:46 |
  2. URL |
  3. やぎ #-
  4. [ 編集]

こんばんは、やぎさん。
コメントとトラックバックありがとうございます。
ちょうど同じ頃に同じ作品についてブログを書いておられると思うと、なんかうれしいですね。
遊びにきていただいてありがとうございました。
  1. 2006/09/23(土) 02:20:23 |
  2. URL |
  3. オダ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/89-811a164e

「展覧会の絵」・・Emarson Lake&Parmer

展覧会の絵(K2HD紙ジャケット仕様) アーティスト:エマーソン・レイクパーマ
  1. 2006/09/23(土) 00:39:06 |
  2. おんがくのあるせいかつ

盛者必衰の理。

やっぱり俺の人生の絶頂期は仙台で生活をしていた時だな。あの頃は夢も希望も恋も休みも自由も気力も体力も好奇心もあったけど、今は全部失っちゃったもんな。あるものといえば休みのない仕事と通勤地獄と疲れの抜けない体くらいか。。。これじゃあ、人生消化試合にもなるわ
  1. 2007/09/11(火) 01:42:47 |
  2. 徒然なるままに…

オダ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。