徒然ネット

ジャンル関係なく、自分がいいなっと思ったものを節操なく紹介していく事を主に。 時々、趣味のお絵描きとかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『Hippies』小泉今日子

1987年発表の小泉今日子のアルバム。

Hippies +2(紙ジャケット仕様)


1. 3001年のスターシップ
2. Hippies
3. 木枯らしに抱かれて(Another Version)
4. ケチャップつけた安全剃刀
5. 東の島にブタがいた Vol.2
6. あそぼゼ
7. 凍りの都市
8. 今年最後のシャーベット
9. 夜明けのMEW
10. One Moon
11. Blueage Dream(「木枯しに抱かれて」B面)*
12. Kiss(「水のルージュ」B面)* *ボーナストラック

これは小泉今日子流のロックアルバムである。
アイドルであることの王道をいく振りをしながらも、実にマニアックな音造りをしていく小泉今日子の原点がこのアルバムだ。

小泉今日子ってかなり多才な人なんだけど彼女の持つ一番のいい所って、『善いもの』を嗅ぎ付ける嗅覚なんじゃないだろうか。
このアルバムの半分以上は、小泉今日子が「書いて欲しい」と思ったアーティストに仕事を発注し、オケ録りにも立ち会っているセルフ・プロデュースした作品だ。

そしてこれが実にロック色の強いアルバムになっている。
1曲目の「3001年のスターシップ」から始まり怒濤の勢いだ。
3、9曲目のようなしっとりしたバラードもあるが、アルバムの基本はロックだ。
それでいて4曲目の「ケチャップつけた安全剃刀」みたいなシュールな歌詞の曲があったりする。
5曲目の「東の島にブタがいたVol.2」はノリが無茶苦茶良く、このあと小泉今日子のライブでの定番になっていく曲だ。

そしてこのアルバムの楽曲の提供者を見て驚かされる。

氷室京介、吉川晃司、爆風スランプ、いまみちともたか(Barbee Boys)などまだビッグネームになる前の時代に見いだしているのだ。
この嗅覚は恐るべし。


初のセルフ・プロデュースの作品にて、自分の音楽の方向性をいきなり出してしまう事に成功してしまう小泉今日子ってほんと怪物だ。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/04(水) 01:43:41|
  2. 音楽(日本)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「ストーリーズ、ソングス&シンフォニーズ」ヴァレンシュタイン | ホーム | レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://katumizuho.blog2.fc2.com/tb.php/97-33cb0750

オダ

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。